コンセント付き大容量モバイルバッテリーがAnkerから登場

更新日:

by ともぞう

先日の北海道地震では広域にわたって停電となり、改めて備えとしてモバイルバッテリーを複数用意しておこうと思った方も多いですよね。

そんなモバイルバッテリーに、あると便利なコンセント付きタイプがAnkerから登場しました!

※本記事は、Anker様より提供いただいたサンプルにてレビューを作成しています。

関連記事:iPhoneの低電力モードのデメリットとは?

最大90W対応でノートパソコンなどの充電も可能

こちらが本日から発売が開始される、Ankerの新しいモバイルバッテリー「PowerCore AC」になります。

容量は22,000mAhで、最大の特徴はAC出力付きでコンセントをさして使えると言う点。

そのこともあってかAnkerの他製品にある大容量タイプに比べて大型で、手の上に乗せるとこんな感じになります。

iPhone Xと並べてみると、その大きさがお分かり頂けるのではないでしょうか。

さて肝心のAC出力ですが、実際にMacBook Proの電源アダプタ(60W)を指して…スイッチをオンにしてみると、

ちゃんと充電中になりました!それが売りの製品なので当たり前なのですが、モバイルバッテリーにコンセントをさして充電できるって便利ですよね。

またノートパソコンだけでなく、編集部にあった小型の扇風機もつないでみたのですがこちらも問題なく動きましたよ。

スマホの充電だけの為にこのタイプを持ち運ぶのは少々大きすぎますが、ノートパソコン用であったり災害時用の一時的な電源確保として持っておくにはいいかもしれません。

というのももう少し本格的な大型バッテリーとなると、Ankerからも120,600mAh対応が発売されているのですが、お値段が49,800円とちょっとお高いんですよね…。

それに対して容量は小さいですが、「PowerCore AC」の価格は14,999円とコンセント付きタイプとしては高くない値段となっています。

しかも発売記念で200台限定12,999円となるセールもやっているので、もし買うなら今といったところです。

ありそうであまりないコンセント付きモバイルバッテリー「PowerCore AC」、2,000台限定での販売になっているので気になった方は是非チェックしてみて下さい。

Anker PowerCore AC
バッテリー
14,999円

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事