配車アプリによる「相乗りタクシー」実証実験、マッチング成立率は10%

投稿日:

by ゆう

やっぱり相乗りのハードルは高いみたいですね。

国土交通省が、スマホ配車アプリを使った「相乗りタクシー」実証実験の結果を発表しました。

相乗り相手がわからない点について不安が

この実証実験は2018年1月22日(月)~2018年3月11日(日)の期間に、東京23区・武蔵野市・三鷹市で行われました。

配車アプリは大和自動車交通グループの『大和自動車交通タクシー配車』と、日本交通グループの『相乗りタクシー(現在アプリ非公開)』が使われ、合計949台のタクシーが参加したとのこと。

実験の申込み人数は5,036人でしたが、そのうちマッチングしたのは約1割の494人だったそうです。

乗客側は割安で利用でき、タクシー会社は運送の効率化による生産性の向上が目指せる、というのが相乗りタクシーのメリット

利用者へのアンケートでも約7割が安いと思うと回答したそうです。タクシーって高いイメージがあると思いますが、相乗りだったら電車より安くなる、なんてシチュエーションもあるかもしれませんね。

ただ国土交通省がネット上で行ったアンケートで、「相乗りタクシーで一番気になること」という質問に対しては

同乗者とのトラブルに巻き込まれるのではないか

という回答が約5割だったそうです。やはり相乗りはこのあたりのハードルが高いですよね……。

また「相乗りタクシーを利用したくない理由」という質問に対しては、男女ともに

相乗りする人がどういう人になるかわからないから

が最多に。特に女性は約7割が不安だと回答しています。

国土交通省はタクシー料金が割安になるメリットは受け入れられるが、申込み人数の増加やマッチング効率を上げる工夫が必要同乗者への不安が強いなどの課題が明らかになったとしています。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事