iPhone XS/XS MaxはiPhone Xよりバッテリーが持たない

更新日:

by ともぞう

海外レビューサイトが行ったテストによると、webブラウジング時間に関してはiPhone XS/XS MaxはXよりもバッテリーが持たないというテスト結果が出ています。

関連記事:iPhoneの低電力モードのデメリットとは?

海外レビューサイトTom’s Guideが、iPhone XSとXS Maxのバッテリー駆動時間についてテスト結果を公開しました。

テストの内容は、明るさの自動調整オフ・輝度設定150nits・T-Mobileの4G回線でのwebサーフィンを行った際の持続時間を計測するというもの。

その結果がこちら。

テストの結果によると、iPhone XSは9時間41分、iPhone XS Maxは10時間38分という結果になっています。

バッテリーの容量も異なるので他のAndroidとの比較は意味がないのですが、実は昨年同様のテストでiPhone Xは10時間49分という記録だったんです。

つまりiPhone Xのほうが、Tom’s Guideの条件の下で実施したwebサーフィンの持続時間においてはバッテリーが持つという結果に。

Appleの公式ページでは、インターネット時間に関して、各モデルの数値を列挙するとiPhone Xよりは持つハズなんですよね。

  • iPhone X インターネット利用:最大12時間
  • iPhone XS インターネット利用: 最大12時間
  • iPhone XS Max: インターネット利用: 最大13時間

もちろんAppleのテストとの条件が異なるので一概には言えませんが、iPhone XSは「iPhone Xより最大30分長いバッテリー駆動時間」、iPhone XS Maxは「iPhone Xより最大1.5時間長いバッテリー駆動時間」と書かれていただけでに少々残念な結果。

とはいえ、webサーフィンだけを4G回線でやり続けるとこともあまりないと思うので、この差が実際のバッテリー持ちの体感とも異なるとは思いますので、あくまで1つのテスト結果くらいに捉えておくのがちょうどいいかなと思います。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

iPhone11シリーズをコスパでガチ検証しました。

iPhone11・Pro・ Pro Maxを値段とコスパで比較!iPhone11を選ぶのが正解です

参考:Tom's Guide

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事