東京五輪のボランティア募集ページ、「見づらい」「入力に30分掛かる」と話題に

投稿日:

by ともぞう

先日はボランティア応募を促すための偽装工作ツイートらしきものが発見されて何かと話題の東京オリンピックですが、今度はボランティア募集のページと入力フォームがなかなかすごいと話題になっています。

いろんな意味で話題に挙がる東京オリンピックのボランティアですが、Webでのボランティア募集ページが公開されました。

ところが実際に見てみると分かるのですが、特にスマホでは文字が詰まって見づらかったりして、「webサイトでやっちゃダメなことを全部やってる」とまで言われてしまっております。

そこまで酷いと言われると実際に見てみたくなるのですが、ボランティア募集ページのトップページがこちら。

いきなりアイキャッチ画像の下に動画を配置するとはなかなか。しかもサムネイルが一緒なので画像が2個並んでいるようにも見えちゃいますね。

そしていきなり「ボランティアに応募するボタン」が登場。いやとりあえずボランティアの概要とかそっちを知りたいんですけどね…、この辺が導線ごちゃごちゃと突っ込まれるあたりでしょうか。

そして詳しい内容を見たいと思ったら、pdfのリンク…。いや、そこはページにしてほしかった。

とにかくなんとも言えない気持ちになりながら、ボランティアに応募するボタンを押すと…「応募入力フォームの入力には30分」という赤くでかい文字が…。いやもうこれ見たらめげますってw

もう色々不安しかないのですが、それでも我慢してさらに進むと、応募フォームで入力する内容が出てきました。いやーがっつり個人情報満載ですね。これをこのサイトで入れるのって不安が…。

さらに入力マニュアルがpdfか動画ですよ。いや見ませんて。

もう何カ所離脱ポイントがあったか分かりませんが、我慢して先に進もうと「大会ボランティアに応募する」を押すと…なぜだか分かりませんが、英語表記の上に、Google/Facebook/LINEもしくはアカウントを作成してのログインが求められます。

ここまでたどり着いてもログインってこれまたここで面倒くさいって辞める人が出てきそう。

それもなんとか乗り越えようやく入力フォームにたどり着きました。相変わらず文字が多い。

STEPは全部で1-6まであるようで、1Step毎に送信なのですが1ページ入力後、内容に誤りがあるとエラーがこんな感じで画面を埋め尽くしますww

全部消さないと画面は見えないし、消しちゃうとどこがエラーだったか分からなくなるしで、ここでそっと閉じしました…。

それにしても普段サイト登録とかでフォーム入力することはありますが、ここまでストレスを感じることって滅多にないんですよね。ここまで触ってだめなことを全部やっているの意味がよく分かりました。

募集要項によると8万人募集するようですが、果たしてこのサイトでどれだけの集まるんでしょうね。


関連記事