auも4年縛りの条件を変更。同プランへの再加入を撤廃し、ソフトバンクと同条件に

更新日:

by ロバート

ソフトバンクが4年縛りプランの利用条件を変更したとお伝えしましたが、続いてauも同じように変更しました。

「機種変更後も同プランへの再加入」を撤廃

auの4年縛りプランである「アップグレードプログラムEX」利用条件は、先ほどお伝えしたソフトバンクと同じく、以下のようなものでした。

・48回払いで購入し、25ヶ月目に機種変更
・機種変更時に端末は回収
・機種変更後も同プランへ再加入

これによって機種変更後は、端末残額が無料(支払い額としては半額)になるのが利用者のメリット。高額な最新スマホでも半額で利用できる、というのがウリ文句のプランです。

ただし「機種変更後も同プランへ再加入」という利用条件があるため契約期間がどんどん伸び、いわゆる4年縛りと言われる状態になっていました。

今回の変更によって、ここから「機種変更後も同プランへ再加入」が撤廃。これにより4年縛りループから抜け出しやすいようになりました。

利用条件の変更は2019年1月16日から

ソフトバンクに続き、auも横並びに。ややこしいプランですが、少しは利用しやすくなったかもしれません。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:KDDI

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事