【レビュー】iPhone 8 / X / XSのカメラで撮り比べてみた結果

更新日:

by ともぞう

本日ついに発売されたiPhone XS / XS Maxですが、発表イベントでも押していたカメラ性能がどれだけ上がっているのか撮り比べてみました。

撮影条件

今回比較を行った機種は、iPhone 8 / X / XS。XS MaxはXSと同じカメラユニットだという話なので割愛いたしました。

撮影にあたっては買ったままの状態を想定して、HDRはオンのまま行います。Xまでは自動HDRという名前なのですが、XSはスマートHDRとなっており、これがどう影響するのかも見物です。

撮影対象は風景・静物・静物(接写)の3つで、全ての機種で出来るだけ同じ位置・アングルで、タップでピントを合わせる位置も同じ位置で撮影を行いました。

撮影回数は各シーン一発撮り、撮影結果を見て取り直しなどをしてしまうと、公平な比較じゃなくなるので余程失敗をしない限りはそのまんま比較対象とすることとします。

さてこれでどういう差が出るのか…結果をご覧下さい。

風景

最初に撮影したのは街並み。本日はあいにくの雨でちょっと暗かったのですが、さてそれも含めてどう違いがでるのかご覧いただきましょう。

iPhone 8

iPhone X

iPhone XS

さてぱっと見、雨に濡れた道路や建物はあまり差がないように見えるのですが、違いが出たのは空。

曇り空の濃淡が一番しっかり出ているのがiPhone XSで、続いてX、若干濃淡が飛んでしまったのが8という結果でした。

うん、なんとなく順当な結果ですね。

静物

続いては室内での静物撮影。あえて濃淡が強くでる白い人形と一眼レフを配置して、一眼レフの暗いレンズ部分にピント合わせをして撮影してみました。

iPhone 8

iPhone X

iPhone XS

一眼レフの暗い所にピントを合わせてホワイトバランスを取った結果、白い人形が白飛びしないかが一番の注目点ですが…残念ながらiPhone Xと8では頭部分の一部が白く飛んでしまいました。

また天井の蛍光灯にも注目、iPhone Xと8はほぼ真っ白ですが、iPhone XSだけはきっちり蛍光灯周りの濃淡も残った形いるんです。いやーこれはスマートHDRの効果ですかね。

静物(接写)

最後は先程取った静物にさらに接近。一眼レフのレンズ付け根の陰になっている辺りにピント合わせをしたらどうなるのか見た結果がこちら。

iPhone 8

iPhone X

iPhone XS

あえて露出などもいじらずにオートで撮っているというのもありますが、iPhone 8とXは人形の濃淡がなくなりまっしろという結果に。ピントを合わせた一眼レフの方はバッチリきれいにとれているんですけどね。

いやはやカメラというか、おそらくはスマートHDR効果もすごいんだと思いますが、iPhone XSは見事に白飛びすることなく人形の質感が分かるくらいの写真となっていました。

まとめ

今回はあえて特に拘ってない人であればデフォルト設定のままで使うだろうという想定でHDRオンのままで比較してみましたが、予想以上の結果となりました。

細かく撮り方やマニュアルで設定調整すれば結果はまた全然違ってくるとは思いますが、誰でも何も考えずに撮ってもこれだけきれいに撮れるというのはさすがとしか言いようがありません。

あえてHDRをオフにして比べるとどうなるのか、それも気になるところですがそれはまた別の機会に検証したいと思います。

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事