iOS 12のリリースから48時間でのシェアは10%、過去iOSを下回る

投稿日:

by ともぞう

9月18日に正式リリースされたiOS 12ですが、どうやら例年以上に様子見している人が模様。

昨日はiOS 12がリリースされて1日経過したところでの不具合・評判をご紹介しましたが、Mixpanelが公開しているiOSバージョンシェアによると公開から48時間でのiOS 12のシェアは約10%となっているようです。

この比率の増え方が早いのか遅いのかという話ですが、Mac Rumorsによると、iOS 11は24時間以内に10%、iOS 10は14.5%に達しておりiOS 12はアップデートされる速度が遅め…ということのようですね。

iOS 12は元々新機能よりも安定性や品質向上を優先したバージョンであることもあり、どちらかというと使い過ぎ防止や通知センターの改善などどちらかというと地味な改善点が多いのが特徴。

写真

iOS10 ⇒ 11 ⇒ 12とすぐにアップデートする人が減っているのは、ある意味iOSが成熟してきてアップデートしなくても特に困らないことが多くなってきた…なんてこともあるかもしれませんね。

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:Mac Rumors

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事