.iPhone XSにX用のケースは転用不可と判明

更新日:

by ともぞう

てっきり同じ5.8インチで本体サイズも一緒なのでそのまま使えるかと思ったら、iPhone XのケースをXSに転用はできないようです。

カメラ部分のサイズに違い

先日発表されたiPhone XSは昨年発売されたiPhone Xと同じサイズだから、ケースそのまま使えるだろう…そんな風に思ってました。

というのも、Appleの技術仕様ページで本体サイズを見てみると、iPhone Xの寸法は以下の通り。

  • 高さ:143.6 mm
  • 幅:70.9 mm
  • 厚さ:7.7 mm

引用元:iPhone X – 技術仕様

対して、iPhone XSも寸法はiPhone Xとまるっきり同じなんですよね。

  • 高さ:143.6 mm
  • 幅:70.9 mm
  • 厚さ:7.7 mm

引用元:iPhone Xs – 技術仕様

そのようなこともあり、すでに多くの種類が発売されているiPhone X用ケースをそのまんま転用できるから発売日前にiPhone X用買っても使えるだろうと思ったのですが、これが落とし穴でした。

Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)が、iPhone XSの実機を測定したところによると、なんとカメラ部分のサイズが違うことが分かったんです。

縦横の寸法を並べると以下の通り。

  • iPhone X: 縦 24.13mm / 横 11.26mm
  • iPhone XS: 縦 25.50mm / 横 11.27mm

記事ではノギスでの測定だったので多少の誤差は考えられるものの、縦方向で約1.37mmもiPhone XSのカメラレンズのほうが大きいですね。

つまりはiPhone X用のケースをiPhone XSを入れようとすると、カメラ部分の開口部に余裕がないと入らない場合があるということに。

ということで、iPhone XSを予約していて事前にケースを購入しようと思っていた方は大きさが同じだからとiPhone X用を買わず、XS用を買うようにして下さいね。

それにしてもカメラ部分が大きくなっていると言うことはカメラにも多少なりとも差が出そうなので、発売後iPhone Xとどう違うのか撮り比べしてみたいと思いますのでお楽しみに。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事