「AirPower」の発売は来春以降か…開発は難航の模様

更新日:

by ともぞう

昨年9月に発表されるも発売されないまま、今年のスペシャルイベント後には公式ページからも姿を消してしまったApple純正ワイヤレス充電器の「AirPower」。

2017年9月のスペシャルイベントで発表され、公式の紹介ページでは「2018年に登場」と書かれていたこともあり、てっきり今回発売日などが詳細が発表されると思ったのですが…

まさかのスペシャルイベント後には公式サイトから消えてしまい、まるでなかったかのような状態になっているのが「AirPower」。

昨年iPhone 8シリーズ、iPhone Xがワイヤレス充電に対応したのに合わせて発表され、てっきり多少遅れてもすぐに出ると思ったのですが、1年経ってもまったく出る気配がないんですよね。

一体どうなってるのかと思いきや、9to5Macが複数の内部ソースから得た情報として、その実情を伝えているんです。

それによると「AirPower」は以下の3つの問題を抱えており、Engadget 日本版によれば、来年春まで発売されそうにないとのこと。

  • 開発中のAirPowerは発熱が酷く、充電速度の低下してしまう
  • デバイスとの通信で充電の開始と充電レベルのやり取りに関してバグがある
  • 最大3つのデバイスをどの位置に置いても充電できるようにする為、21-24種類のコイルが配置されているが、これらのコイルが干渉し、充電効率の低下、過剰な発熱引き起こしている。

9to5Macの記事では、このような問題もあり設計を白紙に戻してやり直しているか、プロジェクトを放棄した可能性もありえるとのこと。

また「AirPower」という名前を使った、当初とは大幅に異なる製品になるかもしれないそうです。

他社製ワイヤレス充電器

発表されてから1年で公式サイトから消されてしまうということは、一度なかったことにしたいということでもあるので、当初のコンセプトから異なる製品として再発表される可能性は充分にありえそうな気がします。

ただすでにサードパーティー製のワイヤレス充電器が出揃っているところで、よっぽど差別化した機能がない限り少しお高い純正ワイヤレス充電器を買う人ってなかなかいないと思うので、その辺りAppleはどう攻めてくるかが見物であります。

参考:9to5Mac

関連記事