AppleはiPhoneの名前に行き詰まってる? 早くも次のiPhoneの名前が議論に

投稿日:

by HikaruSano

新しいiPhoneが3台発表されましたが、その名称は様々に噂されていたものではなく発表直前にリークされたもので、それぞれiPhone XS/XS Max/XRとなりました。

特に「Max」の表記には驚きを隠せなかった人も多かったのですが、もしかしたらAppleはiPhoneの名称に行き詰まっているのではないか?という話も出て来ているようです。

プレミアムモデルだったはずのX

昨年iPhone Xが発売された際、このiPhoneは10周年を記念したプレミアムモデルとして発表されており、大幅なハードウェア変更にナンバリングスキップなど、異例づくしの展開となりました。

Appleの上級副社長ダン・リッキオ氏が「2018年に発売される予定だった」と発言している事からも、10周年のサプライズという事で色々前倒しにしていた事も伺えます。

そしてiPhone Xは今年に出てくる予定だったものを前倒ししたために、iPhone 9が登場しないまま10番の数字を背負うことになりました。

この矛盾によりAppleは、今回の新機種3つの名称に関しても相当迷走したのではないか?という意見が散見しており、今まで単調だった「ナンバリングが進む」「sシリーズが出る」といった進行がほぼできなくなったと言えます。

「いや、今回出たのiPhone XSじゃん?」と思われるかも知れませんが、問題点はそっちではなくiPhone XRとMaxの方。

現状Appleからの公式発表も無く、何をもって「R」が付与されたのかは全くわかっておらず、また今までPlusとしてリリースしていたモデルをMaxに置き換えた理由もさっぱりわかりません

これらの理由からすでに世界中で次のiPhoneの名称がどうなるのか話題になっており、主に下記のような意見が出ています。

  • iPhone 11(XI)
  • Apple Phone
  • iPhone XX
  • iPhone II(iPhone 2が存在しない為)
  • iPhone Y(Zと続く)
  • iPhone Panther(MacのOSの名称踏襲)
  • iPhone Pro
  • iPhone Air
  • iPhone(ナンバリングなど廃止)

「それは無いだろ」と言いたくなる意見もありますが、ガセだと思われていたMaxが登場した以上、我々の様相を覆すこれらの名前のiPhoneが登場しても、不思議ではないのかも知れません。

まとめ

どれも一応Appleのこれまでの名称設定に沿ったものなどがピックアップされていますが、実際来年発表されるであろうモデルの名前は見当が付きませんね。

皆さんはどんな名称になるか、あるいはどんな名称だとカッコいいと思えますか?

参考:THE VERGE

関連記事