謎の「+676」からのワン切りが急増中!?興味本位で折り返し電話しちゃダメ

投稿日:

by ロバート

「+676」から始まるトンガからの着信があっても、折り返し電話はしないで下さいね。

数日前からTwitter上での報告例が増えているのが、「+676」から始まる番号からのワン切り電話。

iPhoneでは「トンガ」と表示されるので、なんでトンガから!?と気になって、投稿された方が多数いたようです。



なんでまた海外の「トンガ(正式にはトンガ王国)」からワン切りが掛かってくるのか、という話なのですが、実は2017年7月にも似たようなことがあり、その時は「パプアニューギニア」からの電話で、キャリアが注意を呼びかけるほどになっていたんです。

なぜ海外からわざわざワン切りしてくるのかというと、過去の例ではかけ直した際の「国際通話料は日本のキャリアだけでなく現地の通信事業者にも入ることになっており、現地の通信事業者から利益を得ている人物がいるのではないか…」という話でした。

これが事実かどうか確認するすべはありませんが、もしトンガから着信があっても興味本位でかけ直すなどしないようにして下さいね。

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事