日本郵便、2020年2月からQRコードなどのキャッシュレス決済を導入へ

投稿日:

by ともぞう

ゆうちょ銀行や他銀行とも連携できる「ゆうちょPay」の導入を発表していた日本郵便ですが、外国人観光客の需要を見据えキャッシュレス決済を2020年より対応を進めると発表しました。

2020年2月よりキャッシュレス決済の対応店舗を段階的に拡大

日本経済新聞によると、日本郵便は宅配便や切手の購入などでキャッシュレス決済に対応していくことを発表しました。

これは訪日外国人が荷物を送ったり、お土産用に切手などを購入することがあり、キャッシュレス決済の導入要望が多いためのとこと。

一部抜粋

現金を使わないキャッシュレス決済は小売店で一般的になってきた。外国人観光客などからの要望が多いため、郵便局でも対応を進める。

訪日外国人数は17年に前年比約2割増の2869万人に達した。郵便局でも荷物を送ったり、お土産用にはがきや切手などを購入したりする外国人が増えている。

引用元:日本経済新聞

同記事によるとクレジットカードや電子マネー、スマホを使うQRコード方式などを取り入れるとのことで2020年2月から全国50窓口に決済端末を設置予定で、2020年5月には1万局まで拡大予定とのこと。

日本郵便と言えば2019年2月よりGMOペイメントゲートウェイ株式会社と連携したQRコード決済「ゆうちょPay」を開始すると発表していました。

今回は外国人観光客への対応とのことで、同サービスとは別に既存の電子マネー・QRコード決済などに対応すると思われます。

これが海外のキャッシュレス決済サービスのみへの対応を指すのか、国内の電子マネーなどにも対応するのかは分かりませんが、いずれにせよ今まで現金支払いのみから選択肢が増えるのは利用者としてはうれしいことですね。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事