【北海道地震】ドコモ・au・ソフトバンクが「災害用伝言板」「災害用音声お届けサービス」の提供を開始

更新日:

by ともぞう

本日早朝に北海道で発生した地震を受け、ドコモ・au・ソフトバンクは「災害用伝言板」「災害用音声お届けサービス」の提供を開始しました。

関連記事:ドコモ解約による違約金はいくら?日割りならこのタイミングがベスト

ドコモ・au・ソフトバンクの伝言板利用はアプリから

携帯各社は電話が繋がりにくい状況でも全角100文字のコメントを登録することで、携帯電話やスマートフォンで安否確認できる「災害用伝言板」と

音声発信によりつながりにくくなった状況でも、音声通信に代わってパケット通信により音声メッセージを残せる「災害用音声お届けサービス」の提供を開始しました。

iPhoneからの利用の場合、各社のアプリが必要となります。災害用伝言板の使い方についてはこちらの記事をご覧下さい。

キャリア3社、大阪地震で「災害用伝言板」を提供。利用方法など

携帯各社別のページはこちらから。

また、NTT東日本/西日本も「災害用伝言ダイヤル 171」と「災害用伝言板 web171」の運用を開始したと発表しています。

NTT東日本はNHKニュースによると、北海道内にあるおよそ5800台の公衆電話を無料で使えるようにしているとのこと。

関連記事:iPhoneで着信拒否を設定する方法


関連記事