大学1〜2年生に聞く「将来働きたい企業」、国家公務員を抑えてAppleが2位に

投稿日:

by ともぞう

就職活動前の大学1〜2年生に「働きたい企業」を聞いたところ、なんと2位にAppleがランクインしたそうなんですが、1位は思った以上に現実的なものでした。

グローバル企業の順位が年々上昇

与信管理を行うリスクモンスターが、就職活動前の大学1〜2年生を対象に「就職したいと思う企業・業種」の調査を実施した結果を公開しました。

調査は全国の大学1〜2年生男女500人に、インターネット調査でおこなったものとのこと。

さて大学生にもなり現実的に自分が働く企業を考えるようになる時期に、どんな企業で将来働きたいと思うのか気になるところですが…なんと2位にランクインしたのが「Apple」。

選んだ理由は、「製品が好き」「グローバルな企業だから」だそうです。日本ではiPhoneのシェアも高いですし、名前を広く知られてて憧れる人も多いということでしょうか。

じゃあ1位は?ということになるのですが、結果は「地方公務員」でした。

イメージ画像

Appleにはそう簡単には入れなさそうな印象があったので多少、夢や希望も含めた回答かと思ったのですが、まさかのめっちゃ現実的な回答。

ちなみに3位は「国家公務員」で、4位には「Google」5位には「Amazon」となっております。

安定の公務員かみんなが名前を知っているようなグローバル企業が、就職先としては人気ということなんですかね。

ちなみに過去2年のランキングを見てみると…、安定の公務員人気といったところでしょうか。

2016年

  1. 地方公務員(9.0%)
  2. 国家公務員(6.5%)
  3. 全日本空輸(ANA)(同3.8%)
  4. Apple(同2.7%)

2017年

  1. 地方公務員(8.8%)
  2. 国家公務員(7.2%)
  3. 任天堂 / 日本航空(JAL)(4.0%)
  4. Google(3.6%)
  5. Apple(3.2%)

面白いのはAppleやGoogleなどの順位が徐々に上がってきており、公務員や国内企業だけでなくグローバル企業への関心が高まっている様子もうかがえます。

ちなみに「希望する将来の働き方」という質問に対しては、「プライベートを優先したい」の回答率が高かったのも今時の回答っぽいですね。

さらに詳しい調査結果をご覧になりたい方はこちらから。(PDFファイルが開きます)
第4回「大学1、2年生が就職したいと思う企業・業種ランキング」調査


関連記事