大手キャリアによる格安スマホ事業者の”えこひいき”禁止へ。総務省が改善に乗り出し

投稿日:

by ゆう

大手キャリアは、自前の通信設備を持っていない格安スマホ事業者に回線を貸し出しています。

この貸し出した回線速度に「速度差別」があり、総務省は差別を禁止するよう大手キャリアに働きかけるのこと。日本経済新聞が伝えています。

格安スマホ事業者の速度を公平に

大手キャリアは格安スマホ事業者に回線を貸す際、自社系列ブランドにあたる格安スマホ事業者の通信速度を優遇しているのではないか、との疑惑が出ているとのこと。

ここでいう自社系列ブランドとは……名指しされているわけではありませんが、おそらくワイモバイル(ソフトバンク系列)やUQモバイル(au系列)のことではないかと思われます。

要するに格安スマホA社よりも自社系列ブランドの通信速度を速くするという速度差別を行っているのではないか、ということですね。

※画像はイメージです

これについて総務省は大手キャリアに対して、差別を行わないことを約款に記載するよう求めるとのこと。

早ければ10月に規則を改正し、各社はその後3ヶ月以内に対応する必要があると伝えていました。

この速度差別については確たる証拠があるわけではありません。が、アンケート調査などでは差別を感じるとの回答が複数あるそう。

もちろん大手キャリアは速度差別はないと反論しています。ですが総務省は速度差別の禁止を明確にするため、今回の改善に踏み切るようですね。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事