総務省、月曜午前を休みに「シャイニングマンデー」を検討⇒Twitterではさっそく大喜利大会

投稿日:

by ともぞう

気付けば名前すら聞かなくなった感がある「プレミアムフライデー」ですが、それに変わる新たな施策として月曜AM休みを検討しているとニュースになっています。

その名称がまたインパクト大で、Twitter上では大喜利状態になっていますよ。

日曜は夜まで遊んで月曜午前を休みに

昨年大々的なキャンペーンを打ち経産省が始めたのが、月末の金曜午後を休もうという「プレミアムフライデー」。

現在もコンビニや飲食店などが開催タイミングにあわせてキャンペーンを実施しているのですが、正直あまり話題にもならないので存在すら忘れてしまっている方も多いのではないでしょうか。

そんな「プレミアムフライデー」ですが、そもそも「月末の金曜日は忙しい」と言う指摘もあり、実施曜日への変更を推奨するなかで、ライブドアニュースによると新たに推奨するのが…

月曜日の午前中を休みとする「シャイニングマンデー」!

日曜は夜までたっぷり遊んで月曜日午前中休んで、午後からリフレッシュして出社といったイメージのようなのですが、名前のインパクトが強すぎてTwitterではトレンド入り。

さらに他の曜日にまで名前をつける投稿が多数登場しておりますw




「シャイニングマンデー」からのもう戦隊もののノリで各曜日に名称がつけられております。個人的には「バーニングチューズデー」がお気に入り…まったく休みの感じはしないですけどw

さらに名前が必殺技っぽい雰囲気で、シャイニングつながりでGガンダムのアレを思い浮かべる人や、


ミニ四駆のマンガに出てきそうな名前っぽいなんて投稿も。

株式会社インテージが今年2月に行った調査では、プレミアムフライデーの実施率は11%。1,000人未満の企業では5%の実施率という状況。

企業側の自主的な実施に任せた施策ではなかなか実施率の向上は難しい気がしますが、みなさん休み増えるとしたらいつがいいですか?

ライターのひとこと

土曜日に重なった祝日を振替休日にしてほしい声もあったのですが、確かにそっちのほうがうれしいですよね。


関連記事