次期iPhoneの見た目はこんな感じに?ダミーユニットとされる写真が公開

投稿日:

by ともぞう

6.1インチの液晶モデルに関しては2ヶ月近く発売が遅れるなんて話もある次期iPhoneですが、ダミーユニットとされる写真が公開されています。

6.1インチの液晶モデルのカメラはやっぱり出っ張ったままか

様々なスマホのリーク画像などを公開しているSLASHLEAKSが、今年発売されているとされる次期iPhoneのダミーユニットの写真を公開しています。

サイトに掲載されているのは6.1インチの液晶モデルと、iPhone Xをそのまま大きくしたモデルとされるiPhone X Plus(仮称)6.5インチモデルの2つ。

公開された写真は3枚で詳細な説明はなく、どのような情報を基にして作られたダミーユニットかは不明でした。

写真から特に目立った新情報はないものの、6.1インチの液晶モデルのカメラは出っ張りがなくなるという話もありましたが、写真を見る限り現状とほぼ変わらないように見えます。

唯一変わっているのは、LEDフラッシュの位置がカメラの右から下に移動したくらいですかね。

またiPhone Xの大型化モデルとされる6.5インチモデル(写真左)に関しても、今までの情報通りといったところ。

またiPhone Xでも多数のリーク画像を投稿していたBen Geskinも、同じダミーと思われる写真を投稿。


正面以外の写真などをみるとやはり6.1インチモデルは従来通りカメラは出っ張っており、背面ガラスの雰囲気なども含め、ホームボタンの廃止を除けば現在出ているモデルから見た目は大きく変わらないのが分かります。

今回のダミーユニット自体の信憑性はなんとも言えないところでありますが、そうなると今年のモデルは見た目でいうと6.1インチモデルの多色展開が唯一大きな目玉になるかもしれませんね。

ライターのひとこと

ホームボタン搭載モデルがなくなるという点は大きな変化ですが、それ以外に関しては例年の流れで行けばマイナーアップデートの年ですからね…。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:SLASHLEAKS

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事