Amazon「Echo Spot」をレビュー 液晶付きのスマートスピーカーってどうなの?

更新日:

by ともぞう

先月6月21日から予約を開始していたAmazonの液晶搭載のスマートスピーカー「Echo Spot」がついに発売されたので、画面が付いたことでどう変わったのかレビューいたします。

画面があると入ってくる情報量が全然違う

昨日7月25日からAmazonで販売開始されたのが、画面付きのスマートスピーカー「Echo Spot」。

今までは音声だけだったスマートスピーカーに画面が付くことでどう変わるのか興味津々で、即予約してようやく届きましたよ〜。

さっそく箱から出してみると、写真の印象よりちょっと大きめの印象。

手の上に載せてみた写真がこちら。ソフトボールをひと周り大きくしたくらいですかね。

さて外観はそのくらいにして早速セットアップに入ると、今までと大きく違ったのはiPhoneが不要で本体だけで初期設定する方式に変更されている点。

Wi-Fiのパスワードや紐付けるAmazonのアカウント入力なども、画面のソフトウエアキーボードで入力していきます。

その後、本体のアップデート処理などがあり、10分くらい待つと設定は完了。初期画面の時計がいい感じじゃないですか?

買う前はスマートスピーカーに付く液晶なので粗いんだろうなあと思ってたのですが、いざ実物をみてみると思ったよりきれいでうれしい誤算でした。

時計のデザインはプリセットがいくつか用意されているほか、オリジナルの写真を背景に設定することもできますよ。

さてでは実際に使っていきますが、定番の天気予報を聞くと…週末は台風直撃ということで注意報に関する情報から。

その後、通常の表示と思われる天気マークと気温などが音声とともに案内されました。やっぱり視覚情報があると全然違います。

天気の案内は指定した天気予報だけでなく週間天気予報も画面上には表示されるので、今日の天気を聞きつつ少し先の天気まで把握できるのも画面があるならではのこと。

タイマーも設定すると、画面に残り時間が表示されるようになります。

音声のみの時は残り時間をわざわざ聞かないといけなかったのですが、画面で補足情報が表示されるのがやっぱり素晴らしい。

また音楽を再生すると、アートワークとともに、曲によっては歌詞をカラオケっぽく歌ってる部分をハイライトしながら表示してくれます。

ここまで基本的な機能を見てきただけでも、やっぱり画面があると全然違うわ〜と思うくらいに「Echo Spot」を褒めたいのですが、さらにですね…

NHKやテレビ朝日などの各社は動画でニュースを配信していまして、こんな感じでEcho Spot単体でみることもできちゃうんです。

クックパッドアプリでは、レシピと調理手順を見ながら料理が可能で、手順は1ステップ毎に声で進める形を取っており、まさに作業しながら手順の確認が可能となっています。

まだまだ画面表示にちゃんと対応した各社のスキルは多くないのですが、画面付きのスマートスピーカーは実際に触ってみると、いかに視覚情報が大事かを改めて実感させられました。

大きさ的には今回のEcho Spotは机の上やベッドサイドなどの置き時計代わりに丁度いいサイズで、自分も寝室に置いて使おうと思いました。

ただ如何せんお値段が14,980円と、どなたにも手放しでオススメできないのが残念なところであります。せめて7〜8千円くらいで買えるともうちょっと売れるとは思うんですけどね。

Amazon Echo Spotの商品ページはこちらから。
Echo Spot – スクリーン付きスマートスピーカー

ライターのひとこと

これで我が家は3台目のスマートスピーカーになるのですが、最近Google Homeさんが誤反応が多くて困ってますw

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事