ソフバンとauで問題の「スマホ4年縛り」、先にauが廃止の方針

更新日:

by ゆう

公正取引委員会が問題視しており、独禁法違反の可能性もあると指摘されたiPhoneの「4年縛り」。

ソフトバンクとauが4年縛りを提供していたのですが、先にauが廃止の方向で見直すそうです。

4年縛り、なくなりそう?

4年縛りについて簡単に説明すると、機種代金半額や前端末の残額無料といったメリットがある反面、2年毎に同プランへの再加入を条件としてユーザーを4年間囲い込む、といった内容のプランのこと。

ソフトバンクとauの以下のプランが該当していました。

  • ソフトバンクの「半額サポート for iPhone」
  • auの「アップグレードプログラムEX」

4年縛りについて詳しくはコチラ
公取委、ソフバンとauの「4年縛り」を問題視!4年縛りとは一体…?

この4年縛りについて、6月には公正取引委員会が独占禁止法に違反する恐れがあるとの見解を示していました。

4年間もユーザーを囲い込むというのは事業者間の競争を阻害している、という考えですね。

このような公取委の見解を受けてauは4年縛りプランを見直し、プランへの再加入という条件を廃止する方向で検討しているとのこと。YOMIURI ONLINEが伝えています。

とはいえこの4年縛り、確かにユーザーを4年間も囲い込むものではありますが、ユーザーにとってはiPhoneを安く利用できるというメリットもあったんですよね。

今回のau4年縛りを見直しは、iPhoneを安く利用したいユーザーにとってはあまり嬉しくないことかもしれませんね。

ひとまず公取委の見解に対応してauが動くようですが、これを受けてソフトバンクも廃止の方向に舵を切るのでしょうか。今後に注目です。

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:YOMIURI ONLINE

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事