機械学習で魚を判別! 魚の名前、毒の有無などがわかる魚種判別アプリ『フィッシュ』

投稿日:

by ryo

皆さん夏の予定は決まっていますか?まだ決まっていない方は魚釣りとかはどうでしょう?

今回は、魚を撮影するだけで種類を判別してくれるアプリ『フィッシュ』を紹介します!

機械学習によって学習したAIが約80種類の魚の種類を判別してくれる、ちょっとすごいアプリ。毒の有無もわかって便利です。

フィッシュ
辞書/辞典/その他
無料

約80種類の魚をAIが判別してくれるアプリ『フィッシュ』

機械学習によって約80種類の魚の名前を判別できるアプリ『フィッシュ』B.Creationがリリースしました。

実際に写真を撮るか、カメラロール内にある写真を読み込ませる事で、写っている魚の名前や情報を教えてくれます。

では試しにカサゴの写真を選択し、判別をスタート。

約10秒待つと結果が出ますよ。

結果は…見事「カサゴ」を言い当てました!

これなら全く魚の知識が無い人でも安心して釣りを楽しむ事ができますね。

幅広い人をターゲットにしているため、このアプリは「分かりやすさ」を重視。

毒があり、危険な魚には「ドクロマーク」を表示し、誰でも分かります。

また、どんな料理に向いているのかなどの詳しい情報も見る事ができますよ。

このアプリは釣り船予約サイト「釣割」の利用者から集めた魚データ300万点に対して2004年から人力で魚の情報を付け、それらの情報を使ってAIを学習

光の当たり方や、人の映り込みなど様々な条件の画像を学習させる事で、より精度を高めたとしています。

現在のところ、判定できる魚の種類は80種類で、対応していない魚は判定できないとのこと。

今後は学習させる画像を増やす事で、判定精度と対応種類を増やすとしていますよ。

夏休みにアウトドアを楽しみたい方、ぜひ『フィッシュ』を手に釣りに出かけてみてはいかがですか?

フィッシュ
辞書/辞典/その他
無料

ヤフープレミアムが6ヶ月無料になる裏技

タダで雑誌読み放題を試したい人向け

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事