iPad対抗のエントリーモデル「Surface Go」、もし安かったら買ってた?いくらなら買う?

投稿日:

by ゆう

安くなったiPadに対抗するため、マイクロソフトがSurfaceのエントリーモデルとなる「Surface Go」を発表したのが今週の話です。

お値段は399ドルから。ということは約44,000円? これはよさ気なデバイスが登場したぞと思いきや……日本では意外と高かったんですよね

「Surface Go」自体はなかなか魅力的なデバイスのような気がするのですが、もし安かったら購入を検討していました?

iPad対抗と思いきや、予想外に高い価格で登場

日本向けの発表会での情報によると、日本で発売される「Surface Go」は最小構成モデルでお値段64,800円(税別)からとのこと!

一般向けモデルには「Office Home & Business 2016」がプリインストールとなっており、その分高くなったようです。ちなみにOfficeなしモデルは販売されないそう。

iPad(9.7インチモデル)の最小構成モデルが37,800円(税別)なので、もし「Surface Go」が399ドル(約44,000円)であれば、有力なライバル端末になりそうだったのに……という落胆の声も多い模様。

「Surface Go」は10インチディスプレイでWindows 10が利用でき、重さは533g。本体内蔵のキックスタンドで自立するのも便利そうです。タブレット端末ですが、別売りのタイプカバーを付ければ、まるでノートPCのように使えるのも良さそう。

Surface Goの機能面に魅力を感じる人はいると思うのですが、お値段が……。

というところで、みなさんは「Surface Go」への興味のほどはいかがでしょうか。もしiPadと同じ値段ならSurface Goに傾いていました?Officeなしだったら購入を検討しています?


「Surface Go」の公式サイトはこちら。事前予約受付中です。
Surface Go を購入 – Microsoft Store ja-JP

Amazonミュージックハイレゾ聴き放題3ヶ月無料

 まもなく終了、今だけキャンペーン

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事