Twitter、偽アカウントは停止しまくり。5〜6月はその数7,000万以上

投稿日:

by ロバート

The Washington Postによると、この5、6月だけですでに7,000万以上の偽アカウントを停止したとか!

その背景には、Twitterが世論操作に使われた米大統領選の影響もあるとか。

偽アカウントBAN祭り

世界的に利用者の多いTwitterには、アカウント開設の手軽さからスパムアカウントを簡単に作成できるという側面がありました。

前回の米大統領選ではこれを利用し、ロシアは200ものアカウントを作成して世論操作を行ったのではないか、との疑惑が浮上していました

200アカウントで世論操作? ツイッター、ロシア疑惑巡り報告 :日本経済新聞

それ以降、Twitterは偽アカウントを厳しく取り締まる傾向に。

そんな流れで、2018年5〜6月は約7,000万以上の偽アカウントを停止したそうです。2ヶ月で7,000万アカウントということは、1日あたり大まかに116万アカウントを停止していることになりますね。

もちろん停止した偽アカウントはロシア関連に限った話しではなく、その他たくさんのボットやスパムを含んだ数ですよ。

Twitterは年内にもアカウントの電話番号またはメールアドレスの確認作業導入、ならびに既存アカウントへの「読み取り専用モード」の導入を発表しており、これが実現すれば一般ユーザーのアカウントが間違って停止される事態も減るかもしれません。

関連記事
Twitterがスパム締め出しを強化!疑わしいアカウントには確認作業を実施

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事