Appleマップが大改修! iOS 12から順次自社データのみのマップへ更新

投稿日:

by HikaruSano

スマホでのマップアプリといえば今もGoogleが非常に強く、検索エンジンの特性を利用したそのマップ精度や利便性は他社製マップを一歩リードしていますね。

Appleもこれに追随せんと以前から独自開発のマップに注力しているのですが、iOS 12からその精度や利便性が大幅に向上する可能性がでてきました。

完全な独自マップへ

2012年のiOS 6リリースとともに、iPhoneにプリインストールされているマップアプリがGoogleマップからAppleマップに変わってから随分久しいですね。

公開当初のAppleマップは誤字脱字に謎のスポットなど精度が非常に悪く、リリースからしばらくAppleファンからブーイングが止まない程の出来でした。

それでも月日を重ねるごとに情報の更新や精度向上が図られ、現在はプリインストールされたマップアプリとして利用している人も多い状態まで持ってきましたね。

しかしAppleはこの現状に満足していないようで、iOS 12を契機にAppleマップの大改修を計画している事が判明しました。

現在利用中のAppleマップには、どうも他社に情報収集などを依頼して得た情報も利用されているようなのですが、この情報の一切を破棄して「完全にAppleが収集した情報のみのマップ」を順次リリースする様子。

いやいや「完全にAppleが収集した情報のみのマップ」なんて逆に不安なんですけど?と思うかもしれませんが、こうすることで最新のマップデータをリアルタイムに更新・修正できるメリットがあるとのこと。

時間の流れとともに移り変わる道路などの情報を、すばやく修正できるわけです。古い情報が載ったままの地図なんて役に立たないですからね。

実際に現在公開されているiOS 12のベータ版でこのマップが確認されており、今の所サンフランシスコのベイエリア付近のみのようですが、次に北カリフォルニアと続き、いずれ世界中の地図情報がこれらに置き換わるようです。

Appleはこれまでに、ドローンでの空撮や専用車両での調査撮影を行うとも表明しており、これらの情報も随時盛り込まれるものと考えられています。

正直一強状態のGoogleマップを、Appleがこの大改修で追いつき追い越す事ができるかどうが、注目が集まっています。

まとめ

Googleマップがあまりに便利で他のマップアプリを使った事がない人もいるでしょうが、今回は「完全にAppleが収集した情報のみのマップ」との事で、Apple側からかなりの熱意が感じられますね。

日本がいつ頃このマップに塗り替えられるのかは今の所不明ですが、新iOSに期待が増える嬉しいニュースとなりました。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:9TO5Mac

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事