そのお味は? 警視庁がTwitterで公開した「水でカップ焼きそば」試してみた

投稿日:

by HikaruSano

地震や津波などの自然災害が非常に多い日本、それゆえに他国よりは災害対策が市民に行き渡ってはいるのですが、それでも実際災害にあった時は様々な問題に直面します。

その問題の1つである食糧事情について、警視庁がおもしろいツイートをしていたので実践してみました。

あくまで災害対策飯

先日警視庁の災害対策課公式Twitterが、災害時を想定した「水で作るカップ焼きそば」について説明していました。

災害時は電気やガスが止まってしまう事が多く、筆者も東日本大震災のときは秋田在住でしたが、数日間電気ガスは復旧しませんでしたからね。

災害対策課が提案している「水で作るカップ焼きそば」はいたって簡単、カップ焼きそばに水を入れて、20分待つだけ

という訳でさっそくコンビニでペヤングを購入し、ペットボトルの水でカップ焼きそば作りに挑戦してみましょう。

説明通りカップ焼きそばの麺が隠れる程度に水を入れ、20分待ってから水切りします。

…と、ここでアクシデント。水が直接触れなかった奥の部分が戻らず、スナック状態のままになってしまっています。

水の触れた部分はお湯を入れた時のような状態にちゃんと戻っているので、水を入れた後に一度箸で麺をグッと沈めると、こうしたアクシデントは発生しなさそうです。

ではではソースをかけて、しっかり混ぜて青のりをかけたら「水で作るカップ焼きそば」の完成です!

食感は若干もっさりしてて歯ごたえが弱い事を除けば、お湯で作った時と大差なく美味しくいただけました。

キャベツや肉などの”かやく”もしっかり戻っており、災害時に「水で作るカップ焼きそば」はアリかと思います

ちなみに災害対策課は昨年「水でカップ麺作り」にも挑戦していたので、同様にカップヌードルとペットボトルの水で作ってみる事にしました。

水を入れて15分だと少し麺が硬かったそうなので、焼きそばを参考に20分置いてみる事に。

そして20分経過したので蓋を開けてみると…思った以上に増殖したカップヌードルが

20分は長すぎたか?と思いましたが、スープの濃度や麺の食感はそこまで悪いわけではなく、こちらも冷たいカップヌードルとして美味しくいただけました

災害に遭わない事が最良なんでしょうが、万が一そうした事態に陥って電気やガスが使用できない時は、水と備蓄のカップ麺でやり過ごすのはありだと思いました。

まとめ

もちろんこの作り方は、お湯で作った時よりも食感や味に劣る部分はあるのですが、災害を想定すればむしろ歓迎されるべき食糧と言えるでしょう。

カップ焼きそばの場合は麺を一度水に沈める事を忘れなければ、誰でも簡単にできるだけに災害対策として覚えておくのはありかと思います。

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:Twitter

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事