Apple、MacBookのキーボード問題を認めて「修理プログラム」を発表!対象Macか確認しよう

投稿日:

by ゆう

MacBookとMacBook Proのキーボードに重大な欠陥があるとして集団訴訟にまで発展していた問題について、Appleが認めるかたちとなりました。

6月23日にAppleは「MacBook および MacBook Pro キーボード修理プログラム」を発表。対象Macは無償修理になります!

キーボード問題についてはコチラ
MacBookのキーボードに重大な欠陥?集団訴訟や署名活動が発生している模様

キーボードがおかしい人はご確認を

Appleが発表した「MacBook および MacBook Pro キーボード修理プログラム」によると、特定のMacに以下のような症状が発生しているとのこと。

  • 文字が勝手に反復入力される
  • 文字が表示されない
  • 押したキーがスムーズに跳ね返ってこない、または、キーを押した時の反応が一定しない

ユーザーが前々から声を上げていた内容です。原因はおそらく、2015年以降のMacBookで採用された「バタフライ機構」というキーボードの機構ではないかと考えられています。

対象モデルは以下

  • MacBook (Retina, 12-­inch, Early 2015)
  • MacBook (Retina, 12­-inch, Early 2016)
  • MacBook (Retina, 12-­inch, 2017)
  • MacBook Pro (13­-inch, 2016, Two Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13-­inch, 2017, Two Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13-­inch, 2016, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13-­inch, 2017, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (15-­inch, 2016)
  • MacBook Pro (15-­inch, 2017)

お使いのMacが対象かどうかは、画面左上アップルマークから、一番上にある「このMacについて」をクリックしてご確認ください

対象だった場合は、以下3つから修理方法を選びます。

  • Apple 正規サービスプロバイダ
  • Apple Store 直営店
  • 配送修理

修理内容は検査後に決まり、1つまたは複数のキー交換、もしくはキーボード全体の交換が必要になる場合もあるとのこと。また修理に出す前はデータのバックアップも忘れないようにしましょう。

キーボードの不具合、心当たりのある方はぜひご確認ください……!

MacBook および MacBook Pro キーボード修理プログラム – Apple サポート

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事