未来のiPhoneは背面操作ができる?Appleが「押しつぶし」を検知する特許出願

投稿日:

by HikaruSano

最近は大型化やベゼルレス化が流行りのスマートフォン業界、ガラケーのような個性的な端末よりも、いかに高性能で大画面かを競うような傾向にありますね。

そんな「まんねり」にも似た状況を嫌ってか、Appleは新しいコンセプトの入力デバイスに関する特許を出願しました。

端末自体を感圧センサーのように

スマホの操作といえば大抵、画面上を指でスワイプしたり、画面に表示された仮想ボタンをタップしたり、あるいは端末のサイドなどに用意された物理ボタンを押すものがほとんどですね。

逆に「コレ以外にスマホに一体どんな操作方法を追加できる?」と言われれば言葉に詰まりそうですが、なんとAppleは新しい入力デバイスのアプローチを提示しています。

それは先日出願された「Mobile Electronic Device with Squeeze Detection」と呼ばれるもので、ざっくり和訳するなら「押しつぶし検知デバイス」。

この「押しつぶし」とは文字通り端末に物理的な力を加える事を指しており、端末の特定の場所を押したりする事を「入力」として処理します。

わかりにくいので具体例ですが、例えば動画を横向きiPhoneの全画面表示で見ている時、iPhoneの背面左側を「巻き戻し」、中央を「一旦停止/再生」、右側を「早送り」と設定し、背面をグッと押すことで動画をコントロールできるようになる、という感じです。

現状だと動画を一旦停止するには画面をタップし、表示されたコントロールUIから「一旦停止/再生」をタップする必要がありますが、コレなら背面中央をグッと押すだけで「一旦停止/再生」する事ができます。

他にもレーシングゲームのアクセルやブレーキ、音楽再生時の音量コントロールや再生コントロールなど、様々な機能を背面に任せる事が可能との事。

端末内部全体を覆うようにエラストマー素材(樹脂のようなもの)を実装しなくてはならないので、なかなか実現は難しそうな技術ですが、Appleはスマホになんらかの革命をもたらしたいと思っているのが伝わってきますね。

まとめ

背面などを押す以外に端末を「強く握る」「ねじる」といった動作も検知できるそうですが、頻繁にねじったりしてると端末に何らかの損傷(画面割れや歪み)が生まれそうで怖いですね…。

まだ特許出願された段階ですし実用化されるかはわかりませんが、他のスマホにはない新しい要素をAppleが模索し続けているのは間違いないでしょう。

「AppleCare」に入り忘れた方はコチラ

 条件は最強なのに知られていない

参考:Patently Apple

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事