Appleがアプリ内課金の無料トライアル機能追加!ただし懸念の声も

投稿日:

by HikaruSano

有料アプリを購入する上で気になる「アプリの実力」、今までに有料アプリを購入し「買わなきゃよかった」とアプリの出来にガッカリした人も少なくないでしょう。

企業側は無料体験版をリリースしたり、一部購読系アプリで無料トライアル機能を実装したりして上記ユーザニーズに合わせていましたが、WWDC2018でひっそりこの問題を解決する機能がリリースされていました。

無料ダウンロード・アプリ内課金がもっと増える?

Appleがリリースしているアプリの規約上、今まで有料アプリをリリースしている企業はユーザに対し無料体験版を別のアプリとしてリリースしたり、購読系アプリに限り「無料トライアル」を実装してプロモーションするのが普通でした。

しかしWWDC2018にて「アプリ内課金の無料トライアル機能」がリリースされた事により、無料版でも有料版機能を一時的に無料で使えるようにする事が可能に

この機能により、アプリダウンロードから一定期間「アプリ内課金で購入しないと使えない機能」を利用できるので、購入から一定期間有料機能を体験してからアプリ内課金するかどうかをユーザが選べるようになり、冒頭の「買わなきゃよかった」が減少する事が見込まれています。

規約の日本語版は未だにこの項目が追記されていない(いつもの事)のですが、開発者や企業側にとってはユーザに有料機能を体験アプローチでき、ユーザは有料機能を試してから購入可否を決められるので、両者にとって非常に嬉しい機能となりますね。

しかし一方で、この機能実装による弊害を危惧する声も上がっています。

というのも、例えば有料アプリは購入すると家族でシェアする事が可能ですが、「アプリ内課金」は家族でシェアする事ができないので、家族複数で使用する場合は「有料アプリ1個」から「アプリ内課金を家族分」必要になってしまうワケです。

この機能実装により、有料アプリをリリースしている各社はこれからこの機能を実装した無料版をリリースしはじめ、現行有料版のアップデートを中止する可能性を危惧する声も…。

提供側や利用側にとって嬉しい機能の追加ではあるのですが、今まで家族間で有料アプリをシェアしていた人にとっては「余計に金がかかる機能」になってしまうかも知れませんね。

まとめ

家族が一人もいない筆者(血涙)にとっては嬉しい機能実装ですが、今まで家族間で有料アプリをシェアしていた家族にはなかなか嫌な機能実装になってしまいそうです。

また、こうした機能の実装によって有料アプリの絶対数が減少し、「無料ダウンロード・アプリ内課金」型のアプリで溢れかえるのでは?といった懸念もあるようです。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:MacRumors

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事