次期iPadはやっぱりFace ID搭載でベゼルレスに?iOS 12に存在を示す痕跡が見つかる

投稿日:

by ryo

WWDC 2018では主にiOSの発表が主に占めていて、新しいデバイスの発表は1つもありませんでした。

しかし発表されたiOS 12をよく見てみると、噂になっていたFace ID搭載次期iPadの存在を示すものが多数見つかっているんです!

新型iPadはやっぱりFace ID搭載でベゼルレスか

以前から新型iPadはiPhone Xのようなベゼルレスになるのではないかと噂されて来ていました。

WWDC 2018で次期iOSであるiOS 12が発表されたことによって、これが更に現実味を帯びてくるようになりましたよ。(画像はイメージです)

というのも、iOS 12では今まで画面上部中央にあるはずの時刻表示が「何か」を避けるようにして端の方に移動しているんです。

その「何か」といえば、やはりここはiPhone Xの上部にもあるノッチ(切り欠き)なのではないでしょうか。

もちろんこれだけではありません、iOS 12ではiPadでホームに戻る動作も変更。いままでならばホームボタンを押して戻るところですが、iOS 12では現在iPhone Xに採用されているような、下から上にスワイプするような操作でもホームに戻れるようになっているんです。


これはやっぱり、ホームボタンが無くなる(=ベゼルレスの全面ディスプレイになる)ことへの布石と考えちゃいますよね。

そしてもう決定的とも言えるのが、iPad用の設定項目に「Face ID」用の項目が追加されているという点。


項目の説明文ではiPhoneと書かれていますが、いくらベータ版とは言えiPhone X用の設定画面が間違ってでちゃったとは考えにくいですよね。

さらにFace IDとTouch IDの両方が搭載されるという事はかなり考えにくいので、やはり次期iPadにFace IDが搭載され、ベゼルレスの全面ディスプレイモデルになると考える方が自然です。

残念ながらWWDCでは新端末の発表はありませんでしたが、噂のFace ID搭載iPadの存在は間違いなさそうというだけでも1つの収穫。あとはiPhoneと同時発売だとお財布が大変になるので、できれば前後ずらして頂きたいものです。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事