2019年のiPhoneは全て有機ELディスプレイ採用か…トリプルレンズカメラ関する新情報も

投稿日:

by ともぞう

今年のiPhoneは有機ELディスプレイモデルが2つ、液晶モデルが1つの計3モデル構成になると言われていますが、来年のiPhoneは全て有機ELディスプレイになるという話が入ってきました。

また噂されているトリプルレンズカメラに関しても、新たな仕様に関する情報が入ってきているのであわせてご紹介します。

有機ELディスプレイの調達単価が下がり、全モデルへ採用か

現在有機ELディスプレイを採用したモデルはiPhone Xのみですが、今年発売が噂されるiPhoneのうち2モデルには採用されるという話は以前より出ていますよね。

そして少し気が早い話なのですが、来年2019年のiPhoneでは全てのモデルが有機ELディスプレイを採用するのではないかとetnews.comが報じているんです。

アップルの内部事情に詳しい関係者よれば「Appleは2019年のiPhoneの企画を開始しており、全モデルで採用を決定した」とのこと。

経緯としては、同関係者によると「iPhone Xで採用した有機ELディスプレイは液晶ディスプレイよよりも画質・性能が優れていると内部での満足度が高い」ことが理由のようです。

また全モデルに採用しまとまった数を発注することで、購買単価も下げられるのではないかとみられ、それも考慮した上での決定なのではないかとetnews.comは分析していました。

有機ELディスプレイは省電力にも優れているという話もありますし、調達価格の問題をクリアできるならAppleが全面採用を考えてもおかしくはなさそうですね。

また同情報と同じく来年2019年のiPhoneに関する情報として、採用が噂されるトリプルレンズカメラに関しても新しい情報が入ってきています。

来年、少なくとも1機種には、採用されるのではないかと話が出ているのがHUAWEIも最新機種P20で採用したトリプルレンズカメラ。

iDROPNEWSによるイメージ画像

これに関して經濟日報の記事にて、ドイツ証券テクノロジー業界アナリストJialin Lu氏が、新たに仕様に関する話をしているんです。

彼によるとトリプルレンズの役目の1つは3Dセンシング機能とのことで、想定されるのはAR関連に活用されるのではないかとのこと。

具体的には前面にあるTrueDepthシステムと同じようなものが搭載され、背面カメラでも対象を立体として捉えたり、奥行きを計測できるようになるのではないかと見られています。

またiPhone 8 PlusやXですでに採用されている光学2倍ズームですが、これがさらに進化し3倍ズームになるという話もあるようですよ。

いずれにせよ前にもHUAWEIの最新モデルがカメラにがっつり力を入れてきて、Appleもそれに対抗してくるのではとお伝えしていましたが、その方向性は間違いなさそうです。

HUAWEI P20 のトリプルレンズカメラ

まあ来年の話よりもまずは今年だろって話なんですが、こうやって来年のすごそうな話は出てきちゃって、今年のiPhoneの進化が微妙…なんてならないようにAppleには期待したいですね。

ライターのひとこと

昨年のiPhone Xの1年前倒しのように、今年のiPhoneがトリプルレンズカメラとかになったらサプライズなんですけどねw

楽天モバイル無料キャンペーンが3ヶ月に

 上限に達するまえに、急げ!

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事