iOS 12でNFCチップを開放か。iPhoneでドアロック解除などが可能に?

投稿日:

by ロバート

iPhone 6から搭載された近距離通信規格「NFC」により、Apple Payが利用できるようになりました。まぁ日本で主に利用されているのは「FeliCa」なのですが、違いを特に意識せず便利に使っている人は多いのではないでしょうか。

このNFCが、iOS 12ではさらに様々な用途で利用できるようになるかもしれません。例えばiPhoneをホテルのルームキー代わりにするとか!

iOS 12で開発者にNFCを開放!?

Appleは、Apple Payなど限られた用途でしか利用できなかった「NFC」を、iOS 12からサードパーティ製アプリの開発者にも開放する可能性が出てきました。6月5日から始まるWWDCで発表されるのではないかと予想されています。

これによって、会社やホテルのドアにiPhoneをかざすとロック解除ができるようになるかもしれません。

冒頭でもチラッと触れたように、日本のiPhoneユーザーが主に利用しているのは「NFC」ではなく「FeliCa」です。SuicaもFeliCaを使ったシステム。

「FeliCa」も「NFC」の規格のひとつではあるのですが、ほとんど日本の独自規格なので、世界から見るといわゆるガラパゴス規格ということになります。

NFCとFeliCaの詳しい違いはコチラをご覧ください。
【豆知識】実はおサイフケータイじゃない!?次期iPhoneに搭載されると噂のNFCって一体なに?

日本版iPhoneはNFCもFeliCaも利用できるのですが、日本ではFeliCaが主流のため、NFCに対応している端末側が少ないという現状。

NFCチップが開発者に開放されるのは楽しみですが、日本ではどのように利用されるのでしょうか。WWDCではこのあたりの話題も注目しながら見ると面白いかもしれませんね。


関連記事