Apple、2017年に保証対象外でバッテリー交換をしたユーザーへの返金を発表

更新日:

by ともぞう

Appleは一連のバッテリー問題に関連して交換費用の値下げを発表していましたが、さらに2017年に有償でバッテリー交換をしていたユーザーへの対応を発表しました。

関連記事:iPhoneの低電力モードのデメリットとは?

値引きの差額分を1年遡って適用へ

iPhone 6以降の端末でバッテリーが劣化していると、安定性を優先し性能を抑えるようになっていた事に関して、騒ぎになったのは皆さん覚えていますよね。

海外では訴訟を起こされたりもしているのですが、Appleは2018年12月までiPhone6以降の保証対象外でのバッテリー交換について8,800円から3200円に値下げすると発表していました。

これには事情を知らずにすでにバッテリー交換を正規価格でしてしまった一部のユーザーからは不満の声があったのですが、それに対応するような内容がAppleから発表されました。

発表されたのは、2017年1月1日から12月28日の間にiPhone 6以降の端末を保証対象外でバッテリー交換したユーザーに5,600円返金するというもの。

対象となるバッテリー交換は、Apple 正規修理拠点 (Apple Store 直営店、Apple リペアセンター、Apple 正規サービスプロバイダのいずれか)で行われたものが対象となります。

Appleの公式ページによれば、対象となるユーザーには2018年5月23日から7月27日までの間にAppleより受取方法も含めたメールが届くとのこと。

返金処理は口座振込かクレジットカードへの払い戻しとなるそうです。

この5,600円という金額は値引きの差額と考えられ、実質バッテリー交換の値引き適応を1年遡って適用するのと同様の対応と考えても良いでしょう。

これも訴訟などを含めたユーザー対応の一環なのかは分かりませんが、値下げ発表をみて交換したばっかりなのに!と思っていた方にはうれしい話ですね。


関連記事