上下の黒帯よ、さらば…Appleが2018年7月よりアプリのiPhone X対応を必須化

投稿日:

by ともぞう

縦に長い特殊なiPhone Xはアプリ側が未対応だと上下に黒帯がでてしまいますが、ついにAppleが対応の必須化を発表しました。

段階的にiPhone Xへの対応を強化

昨年iPhone Xが出たばかりの頃は、アプリが未対応で上下に黒帯が出てるものが多かったですよね。

かくいう『カミアプ』も対応に時間が掛かってしまったのですが、いまや主要アプリは概ねiPhone Xに対応しており、全画面表示となっています。

それでもまだいろんな事情があるんだと思いますが、未対応のアプリも。

そのような状況の中でAppleは開発者向けページで、2018年7月以降は全てのiOSアプリはiPhone X対応を必須化することを発表したんです。

Starting July 2018, all iOS app updates submitted to the App Store must be built with the iOS 11 SDK and must support the Super Retina display of iPhone X.

2018年7月からAppleストアに提出された全てのiOSアプリのアップデートは、iOS 11 SDKでビルドし、iPhone XのSuper Retinaディスプレイをサポートする必要があります。

引用元:Apple Developer


iPhone Xへの対応を巡っては「2018年4月以降、新規アプリに関しては対応を必須化」とすでにアナウンスがあったのですが、今回は既存アプリの「アップデート」に関しても対応期限を設定した形となります。

ただしアップデートをしない既存アプリに関しては言及はないので、対応していないとストアから消えたり、使えなくなるといったことはなさそうです。

iOS 11では32bitアプリが起動しなくなるなど弊害がありましたが、今回のアナウンスはiPhone Xユーザーに取ってはうれしいところ。

今年出るiPhoneは全てFace ID対応という話もありますし、それに合わせてAppleも対応を加速させたいという思惑もあるんでしょう。

Photo by KGI Securities via Mac Rumors

現在iPhone Xユーザーにとっては特に影響はありませんが、今年買い換える人予定の方は使ってるアプリがiPhone X対応している状況になるので、ユーザーとしては喜ばしい話ですね。

ライターのひとこと

iPhone Xだけレイアウトが異なるので、特に横向きのゲーム系は対応が大変なんじゃないかなあと思います。

楽天モバイル無料キャンペーンが3ヶ月に

 上限に達するまえに、急げ!

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事