メールや着信を通知するだけじゃない!命を救ったApple Watchの機能とは?

投稿日:

by kimi

メールや着信、SNSだけでなく自分の健康状態まで通知してくれるのがApple Watchなのかもしれません…。

フロリダ州に住む18歳の女性が、Apple Watchの通知によって慢性腎臓病に気づくことができたそうです。なんと彼女の腎臓は20%しかきちんと働いていなかったとのこと。

もう少し詳しくご紹介しますね。

『Apple Watchが娘の命を救った』

2015年にもApple Watchがフットボールをする高校生の命を救ったことを紹介していますが、あれから3年たった今年に入っても、Apple Watchは人の命を救っているようです。

フロリダ州に住む18歳のDeanna Recktenwaldさんは教会にいる時に、身につけているApple Watchから「休息時の心拍数が毎分190回にもなっている」ことを警告するメッセージが通知されました。

看護師である母のStaceyさんがすぐにDeannaさんを診療所に連れて行くと、実際に異常な鼓動を確認され、緊急治療室に送られることになりました。そこでは医師によりすぐに慢性腎臓病に罹患していることが判明。

しかも両方の腎臓は20%ほどしか動いておらず、将来的に移植が必要になる可能性が高い程度に重大なものでした。

Photo on Foter.com

本人を含め誰も気づかないような深刻な健康上の問題をApple Watchは気づくことができたわけです。

Staceyさんは最近Appleに「Apple Watchが娘の命を救った」という件名で感謝のメールを送信しました。

AppleのCEOティム・クック氏は「娘さんが今は元気と聞いて幸せです。話をシェアしてくれてありがとうございます」と返信をしました。

また、5月2日にはTimのTwitterでも紹介しています。

心拍を測ること自体はスマートウォッチが必須というわけではありませんが、常に身につけておき、定期的に計測し続けるという働きがおそらく重要なのでしょうね。

Apple Watchのますますの進化に期待しつつ、購入を検討してもいいかなと思えるストーリーでした。

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:WFTS-TV,Twitter

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事