今年のiPhoneからついに「Lightning – イヤホンジャック」変換アダプタの同梱を廃止か

投稿日:

by ともぞう

iPhone 7以降、イヤホンジャックを廃止する代わりに同梱されていた変換アダプタですが、今年のiPhoneからはなくなるという話が出てきました。

今年のiPhoneから変換アダプタの同梱廃止の予測

iPhone 7で3.5mmイヤホンジャックが廃止された時には、ネット上で物議を呼んだのは記憶に新しいところ。

Appleは廃止にあわせて「Lightning-3.5mmヘッドホンジャックアダプタ」を同梱することで、有線イヤホンも使えるようにしていました。

イヤホンは無線より有線のほうがいい!という方に取っては使い勝手はともかく愛用されている方も多いと思うのですが、そんな方に悲しいお知らせです。

Mac RumorsによるとBarclaysのBlayne Curtis氏によれば、「今年のiPhoneは変換アダプタが同梱しない」と予測しているそうなんです。

より詳しいことは今月から来月の間に分かるとしているのですが、どうやらAppleが「変換アダプタの同梱をやめる」ことを検討している模様。

理由は分かりませんが、Appleとしては当時あれだけ反発があったものの現状はワイヤレスで音楽を聴く人が増え、変換アダプタを同梱する必要がなくなったということなんですかね。

あくまでアナリストの予想で噂のレベルでありすが、根強く有線イヤホン派も多いだけにこれが本当ならまた反発の声が多くあがりそうです。

ライターのひとこと

Appleの変換アダプタ買い増ししようとすると、900円(税抜)と地味に高いんですよね…

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:Mac Rumors

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事