便利なのに…3D Touch、2019年には完全に廃止されるかも

投稿日:

by yumi

2015年に発売されたiPhone 6s/6s Plusで初めて搭載された3D Touch。

最近は対応アプリも増え、便利に使いこなしている方が多いと思いますが…なんと次期iPhoneの1つには搭載されず、さらに2019年発売のiPhoneからは完全に廃止されるとの情報が入ってきました。

3D Touchよりも…

2015年発売のiPhone 6s/6s Plusで初搭載された3D Touchは、ディスプレイをタップよりも強めに押すことによってさまざまなメニューを呼び出せる機能(3D Touchについて詳しくはこちら)。

弱く押す・強く押すという圧力差も検知するので、例えばSafariでリンクを3D Touch→今のページを維持したままリンクを開き、指を離すと閉じる。強く押し込んだ場合はリンク先に飛ぶ…なんてこともできる優秀な機能となっています。

搭載当初は対応アプリも少なかったのですが、今はかなり増えてきており「あると便利だな」と感じている人も多いと思うのですが…。

かみあぷでもお馴染みKGI証券のMing-Chi Kuo氏によると、今年登場するiPhone以下3モデルのうち、

 

  • iPhone XのPlus系 後継機(6.5インチOLEDディスプレイ)
  • iPhone Xの後継機(5.8インチOLEDディスプレイ)
  • 廉価版iPhone(6.1インチ液晶ディスプレイ)

廉価版iPhoneには3D Touchが搭載されないとのこと!

なんでも廉価版iPhoneにはこれまでのものより軽く、耐衝撃性能に優れた「Cover Glass Sensor(CGS)」と呼ばれるディスプレイ技術が採用される可能性が高いのだとか。

このCGSは費用も少し高く、23ドル〜25ドルほど値上げされることになるそうで…そこでその値上げ分を相殺するために、3D Touchが搭載されなくなる…というわけですね。

さらにこのCGS、今年のiPhoneは3モデル中廉価版iPhoneのみへの搭載とのことですが、2019年には全モデルに搭載される計画。イコール来年には3D Touchが完全になくなるかも…ということに(;´Д`)

個人的にはようやく3D Touchの便利さに気づき始めたところなので、これが本当であればかなり残念。みなさんは3D Touch、使ってますか?

 

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:MacRumors

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事