48時間で200円!モバイルバッテリーを自販機で借りられるサービスが登場

更新日:

by yumi

スマホが手放せない現代、外出時にはモバイルバッテリーを持ち歩いているという方も多いですよね。

しかしつい忘れてしまったり、持ってきたけど充電されていなかったり…。そんな時に便利なサービスが登場しました。

街中にある自販機でモバイルバッテリーが借りられますよ!

関連記事:iPhoneの低電力モードのデメリットとは?

モバイルバッテリーを貸し出す「ChargeSPOT」

ベンチャー企業のINFORICHは、モバイルバッテリーのシェアリングサービス「ChargeSPOT」を今月19日から開始。利用手順はというと、

  1. ユーザーはアプリ『ChargeSPOT』をダウンロード、アカウントを作成する
  2. 駅やカフェに設置してあるモバイルバッテリー自販機のQRコードをアプリで読み取る

これだけでモバイルバッテリーを借りることができます。

借りられるモバイルバッテリーは以下の3種類で、iPhoneなどスマホはもちろんワイヤレス・Bluetoothイヤホンの充電切れなどにも対応できそうですね。

  • Lightningケーブル
  • Micro USB
  • USB Type-C

ちなみにバッテリー容量は4,500mAhで、利用料金は最初の1時間が100円、48時間200円(アプリに登録したクレジットカードでの決済)と格安w

ただし48時間以内に返却しなかった場合(紛失や破損含む)は「購入」となり、事前にデポジットした1,500円が徴収されるので注意が必要です。

ChargeSPOTの自販機は4月中には都内を中心に120ヶ所、5月には400ヶ所、6月には1,000ヶ所に、そして年内には東京、大阪、福岡、沖縄など全国7,000ヶ所以上に導入されるとのこと。

料金も良心的ですし、緊急時には助かりそうですよね!いざという時のためにぜひアカウントを作成しておいてはいかがでしょうか?

ChargeSPOT
ライフスタイル
無料

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:PR Times, ChargeSPOT

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事