「手の写真」が原因で逮捕された麻薬売人…一体なぜ?

投稿日:

by yumi

現代の警察は「顔が映っていない写真」からも犯罪者を特定できるようですよ。

英ウェールズの警察は、手の写真から指紋を解析して麻薬密売人を逮捕したのだとか。悪いことはできませんねぇ…。

手の写真から指紋を特定

英サウスウェールズ警察は1人の男を逮捕。携帯電話を調べたところ麻薬の錠剤を指の先に載せている写真が『WhatsApp(LINEのようなメッセージアプリ)』に投稿されているのを発見します。

WhatsAppに投稿された写真 Photo by BBC

一部の指だけしか映っていないので、一昔前であれば見逃されていたでしょうが…現代の警察はスゴいですね。

この写真から指紋を解析し…麻薬密売人を逮捕することに成功したそうです。

とは言え「写真を解析=指紋特定=逮捕!」とすんなり行ったわけではなく、写真には見ての通り中途半端な指しか映っておらず、データベースと照合→指紋の持ち主を絞り込めた程度だったとのこと。

ただ、『WhatsApp』でのやり取りもあり、無事犯人にたどり着いたそうですよ。

しかし完全に一致とはいきませんでしたが、絞りこめるだけでもスゴい技術ですよねぇ。

ちなみに…以前、写真に写っている指を画像処理することでTouch IDを突破するデモが公開され話題になりました。

現代技術をもってすれば、写真から指紋データを取り出すことは可能ということ。

悪いことはできませんね(`・ω・´)b

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:BBC

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事