Apple新宿がオープン!記念Tシャツ欲しさにまた並んできたぞ

投稿日:

by kimi

以前お伝えしたとおり、本日4月7日に新宿に新しいApple Storeがオープンしましたよ!

銀座・渋谷・表参道に続き、都内4店舗目となる「Apple 新宿」。表参道店のように、オープン当日にもらえる限定Tシャツをもらいにまた行ってきましたのでレポートします。

オープン前にはおよそ1,000人が並ぶ

グランドオープンは4月7日の本日だったわけですが、実は報道関係者向けには2日目に内覧会が行われ、そこでオープン日に来場した人にTシャツとピンズがプレゼントされることが明らかになりました。

かみあぷ編集部には毎回Appleがイベントの招待状を送ってくるのを忘れてしまうので(泣)、グランドオープン日に行ってきましたよ!

場所ですが、地下鉄新宿3丁目直結となるマルイの中となります。単独の店舗ではなく既存の建物にテナントとして入るのは日本初となるようですね。

朝9時半に店舗前を通りかかると、すでに並んでいる客や関係者がずらり。案外並んでいなさそう…と思いきや、列は地下鉄の改札の方に延々と伸びている様子。

交通の妨げにならないよう、そして横入りしないよう途切れ途切れとなっていますが、ひたすら列が続いていきます。

行列はApple新宿のすぐ隣の地下鉄出口から副都心線の改札前まで続き、最終的にはそれを越すまでになりました。

オープン約30分前となる9時34分には930人が並んでいたようなので、オープン間際にはおそらく1,000人を越すレベルで並んだとみられます。これがその時の最後尾。

そして10時にいよいよオープン!いつものように店員が盛り上げ、お客さんはハイタッチをして続々と入場していきますよ。

実際に店舗に入ってみると、まずは入り口の曲面ガラスが目を引きます。

Apple本社のApple Parkでも曲面ガラスが大々的に使われていたのでおそらく最近のAppleのお気に入りなのでしょう。

そして次に目に入るのが大きなディスプレイ。

Apple新宿というネオン管が設置されている訳ではなく、色々な映像が映るディスプレイなんですよ。ウワサでは6Kらしい…?

他にも、椅子をいくつも並べて広場のようにしたり、売り物にプライスタグをつけないようにしたりと、細かな工夫がたくさんしてありました。

既存の建物の中にテナントとして入るのは日本初ですが、他の店舗とは細い通路で行き来できるのみで、中に入るといつもの独立したApple Storeという印象を受けました。

現時点でオープン記念の限定Tシャツおよびピンズがどれだけの量用意されたかは明らかになっていませんが、昼頃には配布を終了していたよう。

そしてこちらがその限定Tシャツとピンズ。Apple的には新宿はネオン街のイメージなのでしょうかね?また、表参道店の時はピンズがなかったので進化していると言えそうです。

そんな訳でApple新宿オープン日の様子をお届けしました。

新宿に用事がある時はぜひ立ち寄ってみてくださいね!


関連記事