YouTubeを襲った犯人の素性が判明!襲撃理由は…広告が停止されたから?

投稿日:

by HikaruSano

現地時間の4月3日、カリフォルニアのYouTube本社で銃撃事件が発生し、YouTube社員ら3名が重軽傷を負う事態となりました。

犯人は事件後に自殺しており各所では様々な情報が飛び交っていたのですが、やっと素性が明らかになってきたようです。

原因は広告停止措置?

YouTube本社で銃撃事件を引き起こし自殺した女性が、サンディエゴに住む39歳のナシム・ナジャフィ・アハダムである事が明らかになりました。

事件当時は負傷したYouTube男性社員との痴情のもつれとも言われていたのですが、どうも襲撃理由はYouTube側が行なった広告停止措置などが原因であるみられています。

彼女はネット上で「Nasime Sabz」というサイトを運営しており、ヴィーガン(完全菜食主義)アスリートを自負しYouTubeに多数の動画をリリースしていた事が判明しました。

現在サイトや動画、SNSはすべて凍結されているため確認が取れないのですが、どうも彼女がリリースした動画はYouTubeにより、「重複または重大な違反」を理由に広告停止措置やフィルタリングによる排除が行われていたとの事。

これに腹を立てていたと彼女の父親は証言しており、実は事件の前日に警察に「娘が行方不明で連絡がつかない事」と「YouTubeを恨んでいたので向かうかも知れない」と通報していた事が明らかになりました。

YouTube側の措置がいつ行われたかははっきりしていないものの、少なくとも1年ほど前から実施されていたようで、「再生数が減らされた」「フィルタリングされている」と各所に発言していた事が確認されています。

事件の直接の引き金になったのは父親の証言から、2週間前からYouTubeの広告報酬の支払い停止をされた事が原因ではないかとの事。

まだまだ事件の解明には至りませんが、今後もこうしたYouTube側の措置に腹を立てたYouTuberが、本社や関連施設を襲撃する事件が発生するのかも知れませんね…。

まとめ

重軽傷を負った3人のYouTube社員については彼女と何らかの関わりが一切ない事が確認されており、ほぼ無差別に銃撃されたものだと考えられています。

彼女の動画に対する処置を担当した人間であった、などならまだ分からなくもないのですが、3人に関しては本当に不運であったとしか言いようがありません。

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事