ここがApp Storeの転換期?2008年の登場以来、アプリ数が初めて減少

投稿日:

by yumi

2008年、iPhone 3Gの発売と共に登場したApp Storeはこれまで右肩上がりの成長を続けていましたが…アプリの数が初めて減少に転じたようです。

もしやApp Storeはこれから衰退していってしまうのか…しかしマイナス成長には納得の理由がありましたよ。

アプリの数は減少したけれど

App Storeのセールスやレビュー、ランキングなどの情報を開発者向けに提供する「Appfigures」によると、App Storeは2017年、初めてマイナス成長を遂げました。

総アプリ数をグラフで見てみると、Google Playは相変わらず増えている中、App Storeは2017年で減っているのが分かりますね。

Google Playは2016年から30%増え現在約360万本のアプリがある中、App Storeは2016年の220万本から5%減の210万本となったそうです。

さらに総数だけでなく、新しくリリースされるアプリの数もガクッと減少。なんと29%も減ったとのことですよ。

このまま新規リリースや総数が減っていけば、App Storeは衰退してしまうのでは…と不安になりますが、これにはちゃんとした理由が。

かみあぷでも以前ご紹介しましたが、App Storeではガチャの確率義務化だったり、テンプレートを使ったアプリなどを排除するなど、審査がこれまで以上に厳格になりました。

さらにiOS 11では32bitのアプリのサポートが終了。結果、アプリの総数や新規リリース数の減少に繋がったわけですね。

審査の厳格化や古いアプリの排除により「App Storeに並ぶアプリの質は高くなった」とも言えますし、ユーザーとしては喜ぶべきことかもしれません。

今後はARアプリなんかももっと増えてくるでしょうし、これからのApp Storeの盛り上がりに期待しましょう!

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:Appfigures

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事