新iPadを分解したら…ほぼ旧モデルと同じ?変更点は

投稿日:

by yumi

アメリカの高校で開催されたAppleの教育イベントにてお披露目された新iPad(第6世代)。

先月30日に発売されたばかりですが、Apple製品の修理でお馴染みiFixitがさっそく分解したようですw

どうやら旧モデルの第5世代とほぼ同じだったようですが…変更点はあったのでしょうか?

第5世代と第6世代の違いは?

こちらでもご紹介しているのですが、昨年発売された第5世代と第6世代の大きな違いは、

  1. A10 Fusionチップ搭載
  2. Apple Pencil対応

の2点。では中身に違いはどの程度あるのでしょうか?

まず分かりやすいのがこちらのA10 Fusionチップ。

第5世代はiPhone SEと同程度の性能を持つA9チップでしたが、第6世代はiPhone 7と同じA10 Fusionチップを積んでいます。

そしてもう1つ大きな違いが「Broadcom製のタッチスクリーンコントローラ」。

このBroadcom製のタッチスクリーンコントローラは、Apple Pencilに対応するためのもので、iPad Pro(10.5インチ/12.9インチ)で使われているものと同じタイプとのことですよ。

さて、ユーザーとしては性能アップを期待したいバッテリー部分ですが、こちらは残念ながら第5世代と変わらず。

8,827mAhの同じ容量というだけでなく、A1484というモデル番号まで同じ=第5世代のバッテリーをそのまま第6世代に積んでいるということですね。

さて、iFixitは修理会社ということで、分解して分かった第6世代iPadの修理のしやすさも発表しています。

0点から10点での評価(点数が高い方が修理しやすい)となっていますが、第6世代の点数は…2点!

参考までに、最近のApple製品は以下のような点数が付けられています。

  • AirPods:0点
  • HomePod:1点
  • iPhone X:6点
  • Apple Pencil:1点
  • iPad Pro:2点

AirPodsやHomePod、Apple Pencilに比べればマシ…といったところでしょうかw

どうやら接着剤や粘着テープが使われていること、バッテリーの交換が困難なことが修理のしづらさに繋がったようですよ。

Apple Pencilに対応したことからもっと大幅に中身も変わったのかと思いきや…意外に変更点は少なかったですね。

ちなみに…Apple Careに加入していない場合、第6世代iPadの修理費用は26,800円と高額。壊さないよう、大事に使いましょう><

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:iFixit

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事