コインチェック社に買収の話が浮上 買収額は数十億円規模と日経が報じる

投稿日:

by ともぞう

先月12日にようやくNEMの補償も実施され落ち着いた感のあったコインチェックですが、ここに来て買収の話が出てきました。

買収額に疑問の声

約580億円分の仮想通貨「NEM」が流出し、大騒ぎとなったコインチェック社。

先月には流出分のNEMの補償も実行に移されひと段落と言ったところでしたが、ここに来て買収の話が出てきていると日本経済新聞が伝えているんです。

買収を提案したとみられているのはマネックスグループで、その額は数十億規模とのこと。

日本経済新聞によれば、元々マネックスグループは仮想通貨交換業の参入を検討しており、登録などに時間が掛かることから買収を検討しているとみられています。

マネックスは仮想通貨交換業に参入する方針を示しており、金融庁に登録申請の意向を伝えていた。

コインチェックの通貨流出を受け、金融庁は監視を強めており、新規に登録申請すれば年単位の時間がかかる。

コインチェックを買収すれば顧客基盤や既存のシステムを生かせ、登録までの時間や手続きを省けるとみる。

引用元:日本経済新聞


と、ここまではマネックスグループの正式発表ではなく日経新聞のスクープということになるのですが、同社は報道を受けてプレスリリースを発表。

正式な決定はないものの、買収を検討している事実は認めています。

本日報道された会社である仮想通貨交換業者の買収を検討しておりますが、現時点で決定した事実はありません。
引用元:本日の一部報道について(マネックスグループ)

ネットではあれだけの規模の取引をしていたとしながら、買収額が安いのがおかしいと言う声や



まだ正式な買収発表ではないので、冷静に状況を見ている人も多い模様。



なお、この報道でマネックスグループの株価は一時ストップ高になるほどで、仮想通貨参入は企業にとってプラス材料となっているようです。


ライターのひとこと

ビビりな私はなんだかんだ、仮想通貨に手を出せていませんw

参考記事:日本経済新聞

関連記事