iOS11.3はもうすぐか!? 「バッテリー問題」についての項目追加が予想される大型アップデート

更新日:

by ゆう

次の大型アップデートとみられるiOS11.3が、つい先日発表された新iPad(第6世代)限定で先行リリースされた模様。

なぜ新iPadが先なのか……ちょっと理由はわからないのですが、おそらくこれに続いて各デバイス向けにもiOS11.3が配信されると思われます

iOS11.3は、「バッテリー劣化によるiPhoneの性能低下問題」についてのオプション項目が追加されるのでは…と予想されており、大きなアップデートになりそうですよ。

関連記事:iPhoneの低電力モードのデメリットとは?

待望のバッテリー診断機能くるか

新iPadは、発表後すぐに注文した人なら最速で3月30日に手に入ります。

iOS11.3がプリインストール済みなのか、開封後にアプデしないといけないのか……わかりませんが、とりあえず現状では新iPadのみに配信されたiOS11.3! ほんとなんでだろ。

このiOS11.3では、「iPhoneの性能を低下をさせるかさせないか」ユーザーが選べるようになります。

これは昨年末、バッテリー劣化による突然のシャットダウン防止のためにiPhoneのパフォーマンスを意図的に低下させていたことをAppleが認めたことが発端。

詳細:Appleが「iPhoneの性能低下」を改めて謝罪!バッテリー交換を約3,000円に値下げ

それに伴い、バッテリー交換価格を8,800円から3,200円に値下げされました。もちろん日本でもすでにバッテリー交換費用の値下げは適用されています。

その後、AppleのCEOティム・クック氏がインタビューにて「iPhoneの性能を低下させるかさせないか、ユーザーが選べるオプションを提供する」と発言。

設定アプリ内に「バッテリー診断」という項目が追加されるであろうことが、iOS 11.3 beta2にて判明しています。

他にもメッセージに新しいAnimoji追加や、ビジネスチャットが搭載される予定ですが…(詳しくはこちら)、多くの人が気になっているのはやはりバッテリー診断かと思います。

バッテリー交換費用を3,200円に値下げするプログラムの提供は、2018年12月までの予定。プログラムを利用するかどうかのいい判断材料になりそうです。安いうちに交換しておきたいですもんね。

もともとAppleはiOS11.3を今春リリースとアナウンスしていたので、時期的にもちょうど頃合い。ちょっと楽しみなiOSアプデになりそうな予感です。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:Mac Rumors

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事