新型GalaxyのAR絵文字、さっそくAppleのパクリと言われるも公式が否定

投稿日:

by ともぞう

先日サムスンはGalaxyの新モデルを発表し、新機能の1つとして顔認識によるAR絵文字を発表したのですが、コンセプトがAppleと似ていることもあり早速パクリ…と指摘されているようです。

自身のアバターが作れるAR絵文字はコンセプトが違うと否定

iPhone Xが発表された際に顔を立体的に認識する「True Depthカメラ」を生かした機能として、表情が連動する「Animoji」が大々的に発表されましたよね。

iPhone Xに向けて表情を変えると画面のキャラクターも連動するのが特徴で、顔認識技術の高さもアピールする形となりました。

そんなAnimojiですが、昨年末にはうちの技術の方がすごい!とばかりに、HUAWEIがそっくりというかモロそのまんまの機能を発表。

相変わらずパクリっぷりがえげつないなと思っていたのですが、今度はサムスンの新製品「GalaxyS9/9+」の新機能で「AR顔文字」なるものが発表されたんです。

もう名前を聞いた時点で「おや?」と思ってしまうのですが、みなさんご想像の通り「AR顔文字」はインカメラで表情を読み取ってキャラが連動する機能

どうしても似たような機能が出てくるとライバルと言われることもあり、パクリだ!なんて話が出てくる訳ですが、The Wall Street Journalのインタビューでサムスンはバッサリと否定。

インタビューに応じたサムスンの幹部によれば、2001年より3Dアニメーションの研究をしており「彼ら(Apple)のアプローチと我々(サムスン)のアプローチはまったく異なる」とのこと。

Galaxy 9/9+の公式ページでを見てみると、AR絵文字はAnimojiと異なり自分自身をアバターにするのが特徴。

Photo by Samsung

それも公式ページで見る限り、カメラアプリで自分を撮影すれば…

Photo by Samsung

自動で3Dのアバターが作られるという優れもの。(詳細な説明がなかったので実際の動きは不明)

Photo by Samsung

作ったアバターにはメガネや洋服の設定が可能で、どうやら自動でスタンプも作られるようです。

Photo by Samsung

Photo by Samsung

唯一、一緒なのは画面内のアバターの表情が連動するという点。

確かにコンセプトは違うようで、自分自身の3Dアバターを作れて、ステッカーとして使えるのがAR絵文字の売りのようですね。

ただiPhone Xユーザーな私から言わせてもらうと、正直Animojiを使う場面がまったくないんですね。

そういう意味ではパクリとか以前に、このような機能が本当にユーザーが求めているのかそちらのほうが気になります。

ライターのひとこと

物珍しさで最初の数回使ったきり、Animojiの出番がまったくありませんw むしろどういう時に使うのか教えてほしいです。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:Appleinsider, WSJ

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事