これが億万長者…ビル・ゲイツの金銭感覚がクイズ番組で明らかに

投稿日:

by HikaruSano

Microsoftの創業者にして世界一の資産家でもあるビル・ゲイツ氏、IT関連の情報に疎い人でも一度は耳にしたことのある名前かと思います。

彼は先日テレビ番組にて「スーパーの商品の価格当てクイズ」に挑戦したのですが、浮世離れした金銭感覚の違いは観客から悲痛な声が上がるほどのものでした。

まぁスーパー行かんよね

先日とあるテレビ番組で世界的に有名な億万長者のビル・ゲイツ氏は、「Bill’s Grocery Bills.(ビルの食料品代)」というクイズに挑戦しました。

これはスーパーで普通に手に入るものの価格をゲイツ氏が±1ドル以内で当てるというもので、2問以上正解すると観客にプレゼントが贈られ、できなければ襲いくる観客からダッシュで駐車場まで逃げなくてはならないというもの。

ちなみにゲイツ氏は「最後にスーパーに行ったのは?」と聞かれ、「…すごく昔…」と答えており、普段の買い物は他の人間に任せている事が伺えます。

まずは第1問、「Rice-A-Roni」というメーカー(日本でいう丸美屋など)の「ピラフの素」、定価1ドル(約106円)に対して彼が出した答えは…なんと5倍の5ドル(約533円)!

この不正解にゲイツ氏は、「5ドル出すよ!」と抗議しますが不正解は不正解。

次の問題はYouTubeでも話題になった洗剤「Tide Pod」、定価19.97ドル(約2,128円)に対してゲイツ氏の答えはなんと約1/4の5ドル(約533円)

途中観客からの悲痛な声援で10ドルまで上げたのですが、彼はその価格に驚きを隠せないようで、司会者に「洗濯はお金がかかるものなんですよ」と言われてしまいます。

第3問は「Signature Care」というメーカー(日本でいう花王など)の「デンタルフロス(歯間ブラシ)」、定価3.78ドル(約402円)なのですがゲイツ氏も日常的に使っているそうで、自信満々に4ドル(約426円)と宣言

昔自分でよく買っていたのか、余裕の勝利を収めました。

続く第4問は「Totino’s」というメーカー(日本でいうニチレイなど)の「冷凍ピザロール」、定価は8.98ドル(約957円)に対してゲイツ氏の答えはまさかの22ドル(約2,345円)

これには観客から「No!!」と声が上がり価格をジャスチャーで教える始末、なんとか8ドル(約852円)に訂正して勝利を収めました。

最終問題は「TGI Friday’s」というレストランチェーンの「ホットホウレンソウとアーティチョークのディップ」、定価3.66ドル(約390円)なのですが、ゲイツ氏は実質食品を全部不正解しているため自信がなく、観客に「コレって10ドル以下?」って聞いちゃってます

観客の声もあって最後は4ドル(約426円)と正解しましたが、普段買い出しに行かない&外食が多そうな彼は、食品関係の金銭感覚が常人のそれとは異なってしまっているようですね。

まとめ

億万長者の金銭感覚が垣間見えるクイズでしたが、当然ながら一般人とは相当金銭感覚ないし価値観がズレている事がわかりました。

筆者も億万長者になって、「吉野家の牛丼の価格?1,000円くらいかな?」とか言ってみたいもんです。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:GIGAZINE

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事