子どもにトラウマを与える可能性大…YouTubeに潜む危険な動画「エルサゲート」とは?

投稿日:

by yumi

いつでもどこでも動画が楽しめるYouTube。子ども向けのアニメなどもあるため、見ている間はおとなしいし…とお子さんに見せている方も多いのではないでしょうか?

しかし子どもに見せる動画は一度きちんとチェックした方がいいかも。残虐で過激な「エルサゲート」と呼ばれる動画がいま問題になっているようなんです…。

子どもにトラウマを与えかねない動画「エルサゲート」とは

エルサゲート(Elsagate)という言葉は最近できた造語で、「パッと見は子ども向けと見せかけて、実際は子どもにショックを与える動画」のことを指します。

エルサゲートに使われるキャラクターとしてアナと雪の女王の登場人物「エルサ(Elsa)」が多いことから、そのエルサと、スキャンダルに関連した出来事に用いられる言葉「ゲート(gate)」を組み合わせ、エルサゲートと呼ばれるようになったそう。

一体どのような動画かというと、例えば

  • 正義のヒーローなのに、ただ単に暴力をふるうだけ
  • 目をえぐられたりといった残虐なシーンがある
  • ポルノのような演出がある

というような内容となっているようです。

子どもに見せるには不適切すぎる、トラウマを与えかねない内容の動画がエルサゲートというわけですね…。

YouTubeはエルサゲート対策を進めているものの、サムネイル等パッと見は普通の子ども向け動画に見えるため、完全に削除するのは難しいようです。

子ども向けのYouTube視聴アプリ『YouTube Kids』でもエルサゲートはあり、不適切な動画を排除する「セーフモード」もかいくぐってしまうとのこと。

そのため私たちが現在できる対策は、

  • YouTubeを使わず、「dアニメ」や「Amazonプライムビデオ」「Netflix」などのサービスを使う
  • 子どもに見せる前に、一度どのような動画なのかチェックする

といったところでしょうか…。お子さんにYouTubeを見せている方、ぜひお気をつけください!

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事