ついに全ソシャゲで「ガチャの的中確率」が表示されるように!まずはパズドラから

投稿日:

by yumi

昨年12月、Appleが「ガチャ課金の確率表記」を義務化したとお伝えしましたが、その改定に伴ってまずは『パズドラ』が次回のアップデートでガチャの的中確率を表示させると発表しました。

確率を表示させない場合、そのアプリはApp Storeから削除されてしまうので…ということはついにiOSの全ソシャゲで的中確率が表示されることになりますね!

まずはパズドラが的中確率表示を発表

パズドラ運営チームは本日、

Apple社における「App Store審査ガイドライン」の改定に伴い、パズル&ドラゴンズでは、iOS版・Android版(Playストア、auスマートパス)・Kindle Fire版からのレアガチャの提供において下記の対応をさせていただくことをご案内いたします

▼対応
レアガチャのモンスターごとの的中確率を表示いたします。

※魔法石を消費しないガチャ(友情ガチャ・ゲーム内メールから行うガチャなど)は対象外です。
※全てのOSからご確認いただけます。

▼対応予定時期
次回アップデート時(近日中)

と発表しました。近日中にリリースされるアップデートでの対応ということで表示方法など詳細は分かっていませんが、

  1. レアガチャのモンスターごとの的中確率を表示する
  2. 魔法石(ガチャを回すために必要なアイテム)を消費しないガチャに関しては表示しない

とのこと。

さてこのパズドラの対応を見る限り、すでに確率表記していたソシャゲも対応する必要が出て来るかもしれません。

というのも「1. レアガチャのモンスターごとの的中確率を表示する」ですが、これまで確率表記してきたソシャゲの中には「☆5:1%」「☆2:50%」などアイテムごとの確率ではなく、レアリティごとの確率表記となっていたものもありました。

しかしパズドラの対応を見る限り、Appleはアイテムごとの確率表記を求めていると考えられそうです。

白猫プロジェクトのガチャ確率表記

そして「2. 魔法石(ガチャを回すために必要なアイテム)を消費しないガチャに関しては表示しない」についてですが、Appleが「ガチャはギャンブルではないか」という指摘に対応したと考えると、無料で回せるガチャは対象外、ということなのでしょう。これは納得できますね。

Appleがアプリに対しいつまでに対応することを求めているのかは分かりませんが、これまで確率表記していなかったソシャゲもパズドラに続いて近日中に対応していくと考えられます。

「別に確率が表記されたからって今までと変わらないんじゃ?」と思う一方、「課金売上ランキング2017」にランクインしていたソシャゲTOP5中3タイトルが現在も確率表記していないのを見ると、「確率が表記されていないから射幸心を煽り、その分課金額も大きくなる」という関係性も否定できません。

子どもの高額課金がたびたび問題になることを考えると、Appleの改定は喜ぶべきことなのではないでしょうか?

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:ガンホー

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事