WHOが「ゲーム障害」を公式に病気認定へ!気になる診断条件は?

投稿日:

by HikaruSano

以前WHOが「ゲーム依存症」と認定する動きがある事をお伝えしましたが、この度正式に病気として認定する事が公式発表されました。

日本では「ゲーム依存症」ではなく「ゲーム障害」という呼称になりそうで、この病気に認定される人は噂になっていた頃よりもかなり少ないかも知れません。

今年中旬に公開予定

特にネットゲームを中心に危惧されていた「ゲーム依存症」、中には「廃人」と呼ばれるほどプレイに勤しみ、日常生活の中心がゲームになってしまっているような人もいるそうですね。

WHOはこの度、現在改訂作業中の国際疾病分類(疾病及び関連保健問題の国際統計分類)に、このようなゲーム依存状態の人を新たな病気「ゲーム障害」と認定する事を公式発表

国際疾病分類とは基本的に「人間の生死に関わる様な傷病についての統計」であり、「ゲーム依存症」を病気として認定する事については世界中の識者から疑問の声も上がっていました。

識者らの疑問をざっくり言うなら「病気認定するほど人間の生死に関係あるか?」というもので、確かにゲームが原因での死亡事故というのは世界的に見ても極々少数のものと言えます。

しかしWHOが発表したのは「ゲーム依存症」ではなく「ゲーム障害」であり、単純に「ゲームがやめられない人」を病気認定するものではありませんでした。

WHOが制定した「ゲーム障害」の判断基準とは、「個人・家族・社会・教育・職業といった場面で、非常に重大な問題を発生させた状態を12ヶ月以上継続している人間」であり、日常生活に1年以上支障が出ている人のみを認定する模様。

「ゲーム依存症」の噂段階よりも非常に厳しい条件なので、コレに該当する人は世界でもかなり少人数であると予想されています。

なんせ1年以上ゲームしかしていない人間を指すような認定ですから、この条件に合致する人は「保護者に衣食住を提供され引きこもって常にゲームをしている」といった状態じゃないと成立しませんからね。

まとめ

とはいえこういった状態の人が世界に1人もいないワケではなく、日本にも「ネトゲ廃人」の言葉がある通り一定数存在している事が伺えます。

彼らは「保護者の援助中止=死」に直結する可能性が非常に高いワケですから、「人間の生死に関わる様な傷病についての統計」に書き加えられるのはある意味当然の結果だったのかも知れませんね。

iPhone11をチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

かなり旬な記事

iPhone 11・Pro・ Pro Maxを値段とコスパで比較!iPhone11を選ぶのが正解です

執筆時間12時間。ガチでまとめました。

参考:WHO

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事