iPhone Xのディスプレイ、サムスンが作っているけどGalaxyより優秀らしい

投稿日:

by yumi

iPhone Xに搭載されているOLED(有機EL)ディスプレイはメリットもたくさんあるのですが、「焼き付きを起こしやすい」というデメリットもあります。

しかし「iPhoneのOLED」はこの焼き付きが「Galaxyに搭載されているOLED」よりも起きにくいことが分かりました。

サムスンが作っているのにGalaxyより優秀とは…なんだか面白い話ですね。

iPhoneのOLEDディスプレイはGalaxyのものよりも優秀

iPhone Xに搭載されているOLEDディスプレイ。省エネで色の表現に優れているという特性を持っていますが、その半面「焼き付き」を起こしやすいというデメリットがあります。

しかしこの度、韓国企業CetizenがOLEDディスプレイを搭載している

  • iPhone X
  • Galaxy S7 Edge
  • Galaxy Note8

の3端末を検証してみたところ、iPhone Xは他2端末に比べて焼き付きが起きにくいことが判明したそうです。

510時間22分(約23日間)ずっと同じ画面を表示させ続けた3端末がこちら⇓

Note8はパッと見で焼き付きが分かるほどで、S7 Edgeは4本太い線が。それに比べると、確かにiPhone Xは焼き付きが少ないように見えます。

上からS7 Edge、iPhone X、Note8

しかしiPhone XのOLEDディスプレイは現在サムスンが製造しているはず…(2019年にはLGも製造し始めるらしいですが)。そのサムスンのスマホGalaxyよりも優秀とはなんとも驚きですよね。

製造過程でなにか異なる点があるのかもしれませんが、AppleはiPhone Xのディスプレイを劣化させない方法の1つとして「iOSアップデートを最新に保つ」と述べており(詳しくはこちら)、ソフトウェア面から焼き付きを防止する策をとっている可能性も考えられます。

バッテリー劣化による性能低下問題に揺れるAppleですが、Appleファンとしてはこうしたニュースを聞くと嬉しくなりますね…(´∀`*)

楽天モバイル無料キャンペーンが3ヶ月に

 上限に達するまえに、急げ!

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事