SiriはAmazonやGoogleに追いつく事もできない?元従業員が「Siriの開発事情」を暴露

投稿日:

by HikaruSano

こんにちわ、Hikaru Sanoです。

WWDC2017でついに発表されたAppleの音声アシスタント製品『HomePod』、AmazonやGoogleに遅れをとっていますが久しぶりのスタートアップ製品ですね。

そんなAppleの新しい試みをくじくような発言が、Appleの元社員によって発信されているようなんです。

今も遅れてるし、これからも遅れてる

『HomePod』や『Siri』についての開発事情について、Siriプロジェクトに関わっていた元Apple社員がその内情を暴露したそうです。

彼(彼女かも?)によれば、一番の後発にも関わらず『HomePod』は『Amazon Echo』や『Google Home』に遅れを取っているそうです。

まず彼は、実際に開発チームに関わっている時に知った『Amazon Echo』の音声を拾う有効距離を知った時に、チーム全体が不穏な空気になったと話します。

『Amazon Echo』は独自の技術で話し声以外のノイズを分離する事で、離れていても呼びかけに適切な反応を実現させたのですが、『HomePod』の有効距離はそれよりもかなり短かったそうです。

またAppleはユーザのプライバシーについて業界でも屈指のセキュリティを誇っているのですが、それ故にサードパーティ開発者にほとんどの機能を解放されず、Apple純正アプリ専用端末と化している事を非難しています。

わかりやすいのがSiriのサードパーティ開発で、今の所SiriはApple側の制限でサードパーティアプリとの連携を物凄く絞っているのですが、Amazonの『Alexa』やGoogleの『Assistant』にはほとんど制約がありません。

また人事にも問題があったようで、ジョブズ氏が亡くなってから野心的な目標(例えば上記のサードパーティ開発)の設定を許可されず、失望した多くの有能なメンバーが競合他社に転職してしまったそうです。

その後、Appleが新たな責任者として雇ったのは元Amazonのビル・スターシオール氏なのですが、彼はマサチューセッツ工科大学で人工知能を学んでいるものの、そもそも彼が専攻していたのは言語や言論ではなく検索アルゴリズム等なので、はっきり言って御門違いでありチームはさらに落胆する事となったんだとか。

きわめつけはデジタルアマーケティング会社のStone Temple社によるパフォーマンステストで、Google AssistantとAmazonのAlexaは5,000の質問に対して約90%の精度で適切な回答ができたものの、Siriは約62%しか回答できなかったという結果に。

サードパーティへの開発解放を行っていないために音声サンプルが極端に少なく、競合がどんどんサンプルを参考にその精度を上げていく中、特定の命令しか受け取る機会のないSiriの学習機会は非常に少なく、精度低迷を招いているそうです。

『HomePod』は12月発売予定(ただし日本は除く)で実働している所すら公開されていない状態なのですが、果たしてこの暴露を裏切って大成する事はできるんでしょうか…?

まとめ

いかがでしたか?

『HomePod』については公開されている情報が少なく、また機能実演などを一切公開していない(WWDC2017ではモックの展示のみで動かせなかった)ので評価はしずらいところではあります。

ただ彼が言うように、あまりにもサードパーティに対して制約がキツすぎるSiriの今後の展開や精度などは多方面から不満が上がっているので、Appleなりに改善して競争していって欲しいですね。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:9TO5Mac

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事